ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

ベトナムで一番ムカつく店、金具屋に行かなければいけない理由2。

以前書いた、『ベトナムで一番ムカつく店』

タイトルに惹かれてか、最近の中ではアクセスがとっても良かったです。(*^_^*)

 

今日は、なぜそのムカつく店に通わないといけないか、ですが

前にも書いたようにその店にしか、金具が置いてないからなんですが

 

もう一つが

 

 

↑これ。

わかります?理由。

 

答えはアンティークカラーだから。

 

パンガンダランでは全ての金具をアンティーク色で揃えています。

なぜと問われれば、好きだから。

 

この好きだからのせいで、ムカつくお店に通っていたんです。

 

アンティーク色は少ないんです。

普通はシルバーメッキが標準なので、多くのお店で調達できます。

 

ところがアンティーク色は置いてあるお店が極端に少ない。

これは日本でも同じ。ただし日本はオーダーできますからね。

 

それにこのアンティーク色はメーカーによって色がバラバラ。

写真ではわかり辛いかもしれませんが、

金ピカに明るいのから黒っぽい色合いまで、色の幅が広い。

 

これだけ広いと同じバッグで使えなくなってくるんです。

金具の色が微妙に違うのは気持ちが悪いですからね。

 

日本で買ったモノも色がバラバラなのでとても使いにくい。

染め直しと言って、好きな色合いにオーダーで染めてくれるんですが

量がいるし、値段も上がるしで、タイミングが難しい。

 

同じメーカーは、ほぼ同じ色なので一つのメーカーで揃えたいんですが、

そのメーカーが全ての商品を取りそろえているわけではないんです。

 

アンティーク色って、めんどくさい色なんですよ。

わかっちゃいるけど、止められない。

 

止めたい、止められない。

 

好きなので。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

ベトナムで一番ムカつく店。

ベトナムで一番ムカつく店

 

11区の靴やバッグなどの材料を売る問屋街。

狭い道路沿いにぎっしりと小さなお店が並んでいます。

 

その中の一つに今回の『ベトナムで一番ムカつく店』があります。

 

ベトナムで一番ムカつく店

 

↑この金具屋。

 

だいたい日本人からしたらベトナムの店はサービスが悪い。

しかも日本の中でも問屋はサービスが悪い。

 

ベトナムで問屋ときたらサービスがなっとらんの二重苦。

しかもこの店は忙しいの三重苦。

 

写真でもわかる通り、狭い店先で何人もの客が待っているわけです。

店の中はてんてこ舞いでみんな忙しそう。

 

そこにベトナム語もろくにできない外国人が

なにやらこれはないかと、よくわからない言葉で聞いてくるわけだ。

 

まー気持ちはわからんでもないけど、あのムシの仕方は尋常ではない。

ようやく対応したと思ったら「Khong co ない」の一言。

 

しかもようやくついさっき買ったモノを追加しようと尋ねると

「Khong co ない」と言う。

は〜?さっき買ったばっかやろ!うるさい外国人に売らん作戦か?

 

実はこの店、以前はムカツキ度も80%くらいだったのが

最近は120%くらいに上がってきてるんです。

 

と言うのは

 

ベトナムの金具屋

 

↑この1軒隣りの519番地のお店が小さくなったため。

 

以前はこのお店が大きくて品揃えもあり、お客さんが多かったのが

突然半分の大きさになってからお客さんが激減。

その分523番地が忙しくなったというわけ。

 

パンガンダランではほとんどの金具を日本から運んでいるのですが

どうしても急ぐ時や安い商品にはベトナム製の金具を使っています。

 

今回は新しい商品用に日本での調達が間に合わず、ここに買いに来たのですが

結局519番地にあったので揃えることができました。

 

519番地は暇になったので前にもましてサービスがよくなりました。

でもスタッフによっては「Khong co ない」と言います。

これは知識が足りず、本当にないと思っているため。

お店の女主人は業者に電話をかけて確認してくれます。

 

ベトナムのお店って対応がまばらで

特に言葉の不自由な外国人には辛いものがあります。

 

ムカつくことも多いのですが、そういうときには絶対に怒らないようにしています。

できるだけ淡々と目的だけを考えるように努めます。

怒ると余計ムカついてくるので。

 

でも523番地はムカつき度が100%を超えたのでもう行きません。

ホントににたいした品揃えではないんですよ。質も悪いし。

でも他にないんですよ。日本の金具屋さんにぜひ進出してもらいたいものです。

 

以前『ためしてガッテン』でイライラした時の心拍数を測る回がありました。

 

喫茶店で何度店員に尋ねても、待てど暮らせど注文した飲み物が出てこない時の

心拍数を測るテストだったのですが

普通の人はイライラして心拍数が上がり、店員に怒鳴ったりしてしまうのですが

お坊さんだけは常に心拍数が変わらないというものでした。

 

そのお坊さんは「飲み物が目的ではないですから」とはおっしゃっていましたが

凡人の私たちにはできることではありませんよね。

 

一晩寝るとかなり落ち着きますが。

フッとまた蘇ってきます。

 

難儀ですよねー。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

このページの先頭へ