ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

メール便は1日でお願いします

ようやく日本からチャコ消しが届きました。

チャコ消し

日本に帰っていた友人の友人が運んでくれました。

1本だけあったチャコ消しがスッカラカンになっていたので助かりました。
今回は3本まとめてお願いしました。

1本¥500で安く送料もメール便¥80とよかったのですが、
友人の自宅に届いたのが
メーカーから発送しましたというメールが届いてから何と5日後でした。

そのため友人が日本を出発する日に間に合わず
幸いそのまた友人が近くベトナムに来る予定があり持ってきていただいたという次第です。

3本でどれだけ持つでしょうか、
刺繍次第ですがなくなったらまた同じ店で買うかもしれません。

メール便は1日でお願いします。




↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ
にほんブログ村

YKKファスナー再入荷

オーダーしていた、YKKファスナーが入荷しました。

YKKファスナーが入荷

紫色のファスナーが届いたので以前紹介した、紫色の裏地が使えます。

裏地にはそれぞれの生地の色に合わせたコイルファスナーをつかっていますが
表側はいつもアンティークのメタルファスナーを使っています。

日本ではほとんどYKKですから気付かないかもしれませんが、
外国製と比べると耐久性もそうですが、閉開の滑らかさが全然ちがいます。


刺繍バッグショップ『パンガンダラン』のかなりの小ロットにも応えていただいています。
↓こちらの会社です
http://sanvi.sytes.net/




↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ
にほんブログ村

油断するとババをつかまされる刺繍糸。

昨日の写真の棚にぎっしり詰まった刺繍糸の1本1本がこれです。
『ガーデン刺繍ハンドバッグ』に使用した6本です。糸を束ねている紙が包装紙なのがベトナムらしいです。

ベトナムの刺繍糸

昨日も説明しましたが、いつも同じ色があるとは限らないので
途中で刺繍糸が無くなると次のバッグから微妙に色が変わっていたりします。

また、市場は未舗装でほこりっぽく、暑いのにクーラーが無いので
全開で営業しているため、表面の糸が汚れているものがあります。

1番手前の薄いピンクなどは先が黒ずんでいたりするため
おばちゃんに汚いから取り換えてくれと言うと
それしかないからと言い放ち、平然と汚いまま元の棚に戻します。

しかも汚い方を奥にして。

市場で果物などを買う時もそうですが
絶対に自分で見て選んだモノを買うようにしています。

油断するとすぐに汚いものが混ざっていたりしますからね。

今日は写真がつまらないのでいつもより長文になりました。




↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ
にほんブログ村

あるので使える刺繍糸

この鮮やかな色は全て刺繍糸です。

刺繍糸 棚

アップにしたものがこれ

刺繍糸 棚

棚1面に刺繍糸がびっしり、くまなく埋まっています。

日本のように品番ごとケースに収まっていたり
色番ガイドブックから色指定したりするわけではありません。

使いたい刺繍糸の色をこの中から選びます。

同じ色があちこちに散らばっていたり、
次回行っても同じ色が無かったりします。

色数も少なくDMC刺繍糸のようにはいきませんが、
適正な色を選べば大丈夫です。

アジア衣料雑貨を取り扱っていたころからずっと使っていますが、
耐久性と堅牢度においても問題ないので

経済性の面からも刺繍糸はベトナム製にしています。





↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ
にほんブログ村

ないから使えないハトメ

タイトル通りです。



この<小判ハトメ>はカバン・バッグを作る者にとっては基本です。
その基本がベトナムにはありません。
アンティーク色だからというわけでなく、型がありません。

そうなると当然持ち込みです。打ち具といっしょに。打ち具がまた重い。

私がアジア衣料・雑貨を作り始めた14年前には
接着芯は不織布タイプのものしかありませんでしたが、今では大抵揃います。

金具もあと10年くらいしたら揃ってくるかもしれません。
神様!




↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

チャコ消しと化学ノーベル賞

あっても使えないシリーズ?第3弾。
あっても使えないチャコ消しです。



写真下のチャコ消しペンは、前回8月に帰国した時に購入したものです。

上のブラシは手刺繍をお願いしている、Phuフーさんに手渡された
フーさんがいつも使っているチャコ消しブラシです。

フーさんはこのブラシに除光液とガソリンが混じったような液をつけ
シャカシャカとチャコ跡を掃除していきます。

が、消えません。かなり時間をかけても消えません。

ところが、この日本製のチャコ消しペンはさっとなどっただけで
消えます。

まったく違います。
化学ノーベル賞をとる国はやはり違います。

実はスプレー缶のシミ取り剤も持ってこようとしたのですが空港で没収されました。
船便ならいいそうです。

いつか、大工場で使っているバキュームスプレーでプシューってやる
(そういう機材があります。)シミ取り剤を使ってみたいです。





↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

あっても使えないファスナー

前回は<あっても使えないミシン糸>でしたが
今回は<あっても使えないファスナー>です。



写真の文字<YKK>が確認できますか?
<HKK>とか<IKK>ではありませんよ。

ベトナムでは中国製の<HKK>がほとんどですが
オーダーで<YKK>ファスナーを購入することが出来ます。

↓こちらの会社で買うことが出来ます。
http://sanvi.sytes.net/

小ロットでも対応してくださり、大変助かります。

特にこの両開きのファスナーはベトナムにはないため、
日本から運ばなければいけないと考えていたので助かりました。

刺繍バッグ『パンガンダラン』のファスナーは
アンティーク色のメタルなので重いんですよね。





↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

あっても使えないミシン糸

ベトナムでは大抵のものがそろいますが、
品質的に使いたくないものもあります。

その一つがミシン糸です。




革を縫うには滑りのいい、縒りの強い丈夫な糸でないと綺麗に縫えません。

ベトナムにはいい糸がありませんから
日本から持ち込んで職人さんに渡しています。

刺繍バッグショップ『パンガンダラン』のバッグは
カジュアルなものが多いので大抵20番を使います。
色も革と同じ色ではなく、あえて違う色にすることが多いですね。

まだモノトーンのバッグが多いですが、綺麗な色の刺繍や生地を使った時には
鮮やかな色の糸を使ってみようと思います。





↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

裏地

わっ、めずらしい!
ベトナムではなかなか手に入らない綿(中厚)の
綺麗な色と可愛い柄の裏地用の布を購入しました。



写真ではあまりきれいに映ってませんが
久々に綺麗な色です。

刺繍バッグ『パンガンダラン』の裏地は、できるだけ無地以外を使うようにしています。
バッグを開けた時、無地じゃつまらないですもんね。

日本では裏地に使えるような小さい水玉模様の綿などは
色数も豊富ですが、ここベトナムでは数種類しかなく、色も原色ばかりです。

裏地一つ買うのにどれだけのお店を回ることか、、、、。
結局あきらめて無地になることもあります。

値段はやはり少し高いですが、久々にいい布に出会ったので追加買いに行こうと思います。





↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

接着芯

白の厚地(日本製らしいい)VND 20,000 = ¥ 100 / M
黒の薄地(韓国製らしい)VND 16.500 = ¥ 82 / M



接着芯を買いに行きました。

お店の女の子は英語が話せないので私の初級ベトナム語でのやり取りでした。

ベトナム語は発音が難かしいので、筆談やジェスチャーやらで

ようやく納得するものを買うことが出来ました。

お店の子もにこやかに辛抱強く対応してくれました。

ホッとして家に持ち帰り値段を控えようとしたところ、

あれっ?薄くない?。

白の厚地は10m買ったはずなのに8mしかありません。

故意ではないと思いますが、、、、、。

またやられてしまいました。トホホ。





↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

このページの先頭へ