ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

◎制作中、手刺繍のペンケース。かわいいよ。

ホーチミンで手刺繍のペンケース

 

手刺繍のペンケースの裏布の準備中。

後ろ側は端切れを使うので4分割されます。

 

表布と刺繍の色に合わせて、表布と異なった布を選びます。

 

同じでもいいんですけどね、

さらに手作り感を出したかったので

違う布をさらに交互に使うようにしました。シマシマということです。

 

それぞれの刺繍に合わせて

すべて違う布を選ぶわけですから、けっこうな時間がかかります。

職人さんも嫌がります。

 

でも思いついてしまったので止められません、すみません、って

職人さんに心の中で謝りながら作業を進めます。

 

今の時点で布合わせは完成したのですが

ファスナーの色合わせをしていて、合う色がないことに気づいてしまいました。

 

どうにか合うような色もあるんですが

ぴったり合わないと気持ちが悪いんですよ、わかりますよね?

 

ということでぴったり合う色のファスナーが手元に届くまで

ペンケース製作は棚上げです。

 

つくづくこんな悠長な仕事の仕方ではイカンなと思うんですが、

他の仕事も並行してやっているので、まぁいいかな〜とか

締め切りないしとか、勝手に言い訳しています。

 

そんなことで出来上がりは来月以降となります。

お楽しみに♪

 

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

◎注意!郵便局員に気を付けて!

ホーチミンの郵便局

 

まず、謝っておきます。申し訳ありませんでした。

 

というのは、街のアチコチにある小さな郵便局で

国際普通郵便の取り扱いができるようになっていました。

 

先日ふと前を通ったのでダメもとで聞いてみたら

できるっていうんです。

以前はできないって言ってたんですよ、EMSしか使えないって。

 

思い起こしてみたら、去年の秋ごろでしょうか、

突然あんなに混んでいた郵便局がすき始めた時期があったんです。

 

それ以来、ずーっとあんまり混むことがなくなってたんです。

 

ひょっとしたらそのころにシステムが変わったのかもしれません。

大変失礼いたしました。

街の小さな郵便局では国際普通郵便が使えないってずーっと言ってましたからね、私。

 

で、も、ね、

 

でもここからが重要なんですが

今日その近所にある小さな郵便局に日本向けの荷物を持って行ったんです。

 

小さな郵便局ですから、局員さんも1人しかいなくて

とても忙しそうに働いています。

 

こっちはすでにたくさんの郵便を出しているので

書類も荷物も完璧な状態で持って行ったんですが、、、、

 

なぜか料金が高いんです!

 

先日いつもの大きな郵便局で全く同じ荷物を出したのに

料金が300000d=約1500円違うんです。

 

ホーチミンの郵便局伝票

 

おかしいと思って伝票を確かめるといつもは記入されていない項目に

「2000」って入っているんです。

 

通常2kg以下の荷物は安く設定されているんですが

局員が何を血迷ったのか2000g=2kgって記入しているんです。

 

本来はその上の項目である787gで計算をしないといけないのに。

 

すかさずそれを指摘すると

何の説明もなく、すぐに訂正して787gで計算して再び請求するんです。

 

は?これって完璧な確信犯ですよね。

 

客がわからないと思って高く請求しておいて

後で安い伝票に打ち直して小銭を懐に入れているに違いありません。

 

何度も配送して相場がわかっている私でなければ

普通は何の疑問も持たないと思います。

 

このブログをどれだけの人が読んでいるのかわかりませんが

本当に気を付けてください。

 

2kg以下の荷物は重量しか記入しませんから。

 

それとその下の項目が気になっているんですが、

「Cuoc dv GTGT」100,000d 取られています。

 

実はこれがとられる時ととられない時があるんです。

今まではあやふやにしてきたんですが、今回のことがあるので

次回からイチイチ問いただしたいと思います。

 

日本でも簡保の不正請求などの事件がありましたが

ここでも気を付けていないとちょろまかされます。

 

自信のない人は大きな郵便局に行ったほうがまだマシだと思います。

小さいところはいい加減ですからね。

 

近所の郵便局が使えると喜んでいたら

とんだ目に合うところでした。

 

ホントに油断禁物です。

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

◎続・プレゼント用シール。いろいろ。

クラフト紙に『うさぎガーデン刺繍withジョーロ』の絵柄

 

クラフト紙に『うさぎガーデン刺繍withジョーロ』の絵柄。

細かな線までクリアに出でいます。

 

いやしかし、このアクリル袋の撮影ってすごく難しいですね、

映り込みやら光の反射やらで思ったように撮れません。

 

Lightroomでカスミの除去やらなんやらして

ようやくこの程度のできです。

 

クラフト紙に『花花刺繍』プレゼント用シール

 

これもクラフト紙に『花花刺繍』を入れ込みました。

乙女な香りがフワフワ〜ってしてきます。

 

リボン型に「Best wish for you」プレゼント用シール

 

リボン型に「Best wish for you」って入っています。

水玉柄がランダムに入っているんですが、写真では見えづらい。

 

型抜きは先が鋭角なのは出来ないんですって。

なので尖ったリボンでなくて角丸リボン。

 

前回の星形もそうなんですが尖った星はできないので

角丸な星なんです。ヒトデか?

 

椿の花を型どったプレゼント用シール

 

椿の花を型どったタイプ。

このくらいの型抜きはできるようです。細かなのは無理そう。

 

サイゴンチェアシール

 

Tシャツ用にタグとおそろいのサイゴンチェアシール。

 

袋に入れたときに入口を止める透明シール

 

袋に入れたときに入口を止める透明シール。

楕円の中に鳥とパンガンダランと泪と。

 

クラフト紙にパンガンダラン

 

クラフト紙にタグとおそろいの図柄で。

渋いですね。

 

以上、いろいろ作ってみました。

 

今回はどんなものができるのかという実験でしたから

ふつうっぽいモノは作っていません。

 

それぞれミニマルロットだけ作りました。

 

やっぱり絵柄を入れ込むと商品の絵柄とケンカしてうるさくなりますね。

無地とか、紙袋の上にはいいですけど。

 

でもこれで傾向と対策がわかったので

次回は普通版を大量に作ろうと思います。

 

これらのシールは20枚20,000dでご購入できます。

ぜひどうぞ。

 

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

◎プレゼント用シールができてきました。

ベトナムでプレゼント用シール作りました

 

シクロのおじさんにはベトナムの道路標識を形どった中に

『Cam on  THANK YOU』の言葉を添えて。

 

ベトナムヤモリにはベトナム国旗の星形を形どった中に

『Xin chao  Hello』のご挨拶を。

 

サイゴンチェアのタオルハンチにはこの2つでほぼ賄えます。

どれに使ってもこれがぴったりくるんです。

 

はっきりした色遣いがとてもマッチします。

 

いっぽう、パンガンダラン用には対照的にはっきりしない色ばかり。

 

手前のモノトーンのステッカーは今使っている紙タグと同じデザインです。

白いビニールの袋に貼って使おうと思います。

 

他にクラフト紙の上に刷った花花刺繍やうさぎガーデン刺繍の図案とか、

リボン型に文字が入ったものとか、花の形のもあります。

 

これらは普段の贈り物用に使えます。

 

パンガンダラン、サイゴンチェアではプレゼント用には

臨機応変に商品に合うものを選んで使っていくつもりです。

 

もし、欲しいという方がいらしたら20枚で20,000dで

ご購入いただけます。

 

日本みたいにロールに巻いた美しい形では作れませんでした。

A3判の大きなシートに詰めるだけ詰めてあります。

それを20枚分切ってお渡しする形になります。

 

今日はもう夜なので蛍光灯の下で写真を撮ったため、あまりきれいではありません。

次回は昼間の光の中で撮って他のもご紹介します。

 

ではまた♪

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

◎アボカドコーヒーとホーおじさん。

ホーチミンのアボカドコーヒー

 

打ち合わせ中の飲み物はアボカドコーヒー。

初めて飲みました。

 

前から飲んでみたいとは思っていたんですが、ようやく飲めました。

 

味ですか?

 

もう見た目どおりに美味しいに決まっています。

これって単純にアボカドシントー(シェイク)にコーヒーを入れただけですから。

 

私は大のシントーボー(アボカドシェイク)好きですから

そこにこれまた好きなコーヒーが入っているわけですから。

 

これがコーヒーの中にアボカドが浮いているような感じだったら

また違う飲み物のように感じられたかもしれませんが

これは普通にコーヒー入りシントーボーですね。

 

以外性のなさにちょっとがっかりでしたが

美味しいので大満足でした。(*^_^*)

 

さてタイトルのホーおじさんですが、どこにいるかわかりましたか?

 

え〜、いるのこの中に?

 

いますよ、それもど真ん中に。

 

Tシャツの。

 

グレーのTシャツの胸のど真ん中に

ノンをかぶった小さいホーおじさんが、ポツンと。

 

このTシャツは彼のオリジナルなんですが

はっきり言ってどこがいいのかさっぱりわかりません!

 

「ねぇ、それって売れるの?」

 

彼はTシャツ屋さんで、自分のオリジナルTシャツを売って生計を立てています。

 

「売れますよ。マレーシア人なんてまとめて何枚も買ってきますよ。」

 

だって。

 

「そのホーおじさんは、わざと真ん中に入れてるんだよね?」って聞くと

 

「そうですよ、普通は左胸とかに入れるんでしょうけど、、僕の趣味ですね。」だって。

 

う〜ん。う〜ん。う〜ん。

 

全くわからない、ヘンテコなのは伝わってくるけど。

 

アボカドコーヒーはまったく想定内だったけど

ホーおじさんTシャツはまったくの想定外でした。

 

多様性ってやつでしょうか。

世間は狭いようで広い。

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

このページの先頭へ