ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

接着芯

白の厚地(日本製らしいい)VND 20,000 = ¥ 100 / M
黒の薄地(韓国製らしい)VND 16.500 = ¥ 82 / M



接着芯を買いに行きました。

お店の女の子は英語が話せないので私の初級ベトナム語でのやり取りでした。

ベトナム語は発音が難かしいので、筆談やジェスチャーやらで

ようやく納得するものを買うことが出来ました。

お店の子もにこやかに辛抱強く対応してくれました。

ホッとして家に持ち帰り値段を控えようとしたところ、

あれっ?薄くない?。

白の厚地は10m買ったはずなのに8mしかありません。

故意ではないと思いますが、、、、、。

またやられてしまいました。トホホ。





↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

4面バッグ・生地違い

久々のブログ更新になってしまいました。

4面バッグ売れています。
なのでいろいろヴァリエーションを増やしています。
現在、ホーチミンの『ミス・アオザイ』と『SHOKO』で販売しています。
日本より送料と輸入関税がかからない分、お安く購入できます。

      
濃い色デニムです。定番なのでこれはすぐ売れそう。

   
茶色の麻100%。シック。





↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

大口バッグ

ちょっと小ぶりのハンドバッグのサンプルが出来ました。

手刺繍用にかわいい形のバッグがほしかったので。

コロンとした愛嬌のある形になりました。









最後の写真、バッグの口が大きく開いて何か叫んでいます。

なので、このバッグは『大口バッグ』と名付けます。

でも『大口バッグ』でも実際は綺麗なな花の手刺繍が入ってくると思います。

形も可愛いので可憐なバッグになると思います。

乞うご期待。





↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

サンプル作り

新しいサンプルを作りました。

いつの日かこのバッグに刺繍が入って、ショップに並べられると思います。



まぁるいバッグです。
なぜこのまぁるいバッグがきちんと立っているかというと




底に小さな丸い革底が付いているからです。
ただ丸いバッグじゃつまらないので、少し膨らみも欲しいと思い
工夫してみました。かわいくなりました。



裏地がチラッと見えるので、かわいい生地を使おうと思います。



この写真は努力の跡です。
最初の予定ではシンプルな作りで2日もあれば作れると高をくくっていましたが、
やり始めるとアチコチ気になって、4回作りなおしました。

シンプルなものは形がきれいに出ると美しいですね。





↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

三日月・フクロウ刺繍

作品第2号です。

フクロウの絵が出来てからは全体のイメージがすぐ浮かびましたが、

フクロウの絵は図鑑を見ながら四苦八苦しました。

いっぱい描いた中の一つです。




?後ろから見たところ。
星を革でかたどったポケット付き。
実はこのとがった星の形を刺繍するのが難しい。
気をつけないとヒトデになっちゃうからね。




?底。
コロンと丸くかわいらしい。




?開けたところ。
いっぱい開く。出し入れ簡単。
ファスナーポケット1つと、二口のオープンポケット付き。





?中にも携帯ポケットあります。




?革と生地のアップ。
革選びも大変です。1日かかります。
刺繍の色に合わせたオフホワイトのステッチ。きれいに縫えています。
革は縫い目が命ですからね。


このバッグ、刺繍いっぱいで本革で¥8,500はお買い得です。






↓ポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
このページの先頭へ