大切な自分と
あの人に贈り物。

クリスマス・お正月と大きなイベントが続く季節。
パンガンダランでは国際配送のため、ギフト包装はできませんが
ご希望の方には簡単なリボンをお付けします。
《リボンシール希望》とお知らせください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

◎ちょっとありえない、ついてない日3連発。

 

今はすでにベトナムに戻っていますが、

戻る時にちょっとありえないようなことが、3回起こりました。

 

一つは、バスが来なかったこと。

 

これはそれほど大したことはないんですが、

朝、家を出て近くのバス停で駅まで行くバスを待っていたら、時間になってもバスが来ないんです。

 

時刻表にはちゃんと書いてあるのでおかしいと思っていたら、気付きました、

今日は11月4日で文化の日の振り替え休日だったことを。

 

その時間のバスは、休日は運行しないことになっていました。

 

田舎のバスなので1日に数本しかないので焦りましたが

幸い1時間後に出るバスがあったので、なんとか名古屋にお昼の時間にたどり着けました。

 

でも電車が特急になってしまったので料金が2000円も高くなってしまいました。

 

 

二つ目は、注文した食事が出てこなかったこと。

 

名古屋に着いてお昼ご飯を食べようと、地下街のお店に入ったのですが

注文した料理が30分待っても出来てこないんです。

 

作るのに時間がかかるのかなーと思っていたら

あとから来た人のが先に出来てるじゃないですか、おかしいと思ってお店の人に

「まだ?」って聞くと、

きょとんとした顔をしてるんですよ、

小さなお店でカウンターに座っていたから

ずーっと待ってたのに普通気付きそうなものなのに。

 

忘れていたんですって。

 

これってなかなかお昼のランチであり得ないと思うんですが、、、。

この時点でキレました。

すっと立ってそのまま店を出てしまいました。

 

上の写真はそのあとに入った、さえない喫茶店で食べた、さえないサンドイッチ。

おなかがすいていたので、できるだけすいてるお店を選んだらこうなりました。

 

 

三つ目は、ベトナムの入国検査で引っ掛かったこと。

 

これは一生にあるかないかの出来事だと思うんですが、

入国するときに空港でズラ〜っと待ってパスポート検査を受けますよね。

その時に受け答えがまずかったのか、私だけ別の場所に連れて行かれたんです。

 

ちゃんとビザも取ってて問題ないにもかかわらずですよ。

 

検査官が

「How long ?」聞くんです。

何がHow longかと思って

「This time ?」って聞き返すと、また

「How long ?」って聞いてくるもんだから、私も

「This time ?」ってまた聞き返したんです。

 

この時点でなんとなく気不味い雰囲気だったんですが、

無難に1weekとか言っていおけばよかったと思うんですが、後の祭り。

 

なんと大勢が並んでいる前を若い係員に連れられて、別の場所に移動させられました。

そして駅の窓口みたいなところにいる係官と何やら話しこんでいます。

待ちながら、これから何が起こるのかとドキドキしてたんですが

結局、何でもないということですぐに無罪放免となりました。

 

でもパスポートに変なハンコを押されたので

万一ビザが更新できなくなったりしたら困るなという、一抹の不安は残りましたが。

 

この変なアンラッキーが続いたのは、、、

心当たりがあるような、ないような。

でも今思えば、やっぱり来たなって感じで。虫の知らせのような感じでしょうか。

 

たぶんですが。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

◎もったいないないモノばかりだけど、、、

 

郵便局でかけていた簡保生命の養老保険が満期になったので

手続きに村の郵便局に行ってきました。

 

郵便局まで運動を兼ねてテクテク歩くこと30分。

 

手続きの間に郵便局員さんとおしゃべり。

みんなほとんど顔みしりみたいなものなので、和気あいあいと。

 

そして1本道なので帰りも同じ道を歩いて帰宅。

 

この道は幼いころの通学路なんですが、当時と比べると閑散としています。

とにかく人に会わないし。

 

上の写真には畑が移っていますが、もともとは通っていた幼稚園が建っていました。

ひよことハト組だったかな?

 

 

元幼稚園から歩くこと100mで小学校が見えてきました。

この総ヒノキの学校は11年前に廃校となっています。

 

今はたまに何かの行事に使っているようです。

この日は、たまたま老人会のゲートボール練習用に使われているようでした。

広い校庭がもったいない。

 

 

小学校から500mほど歩くと『飛騨小坂ふれあいの森』があります。

ここはキャンプができるように丘の上にキャンプ場が整備されています。

山小屋も何軒かあって宿泊もできるんですよ。

 

それが今は閉鎖中。

 

 

そしてそのキャンプ場の前にあるのが『小坂町郷土館』。

 

【 長年の歴史の中で、飛騨の人々が守り育ててきた独特の生活文化。先人の知恵が生かされた暮らしの道具たちは、年月を越えた歴史のロマンを感じさせてくれます。

 建物は江戸文政年間(1818から1830)に建てられた格式のある農家・清原家。大黒柱は直径28cm.、太梁は50cmにも及ぶ巨大な良質材を利用してあり、貴重な資料となっています。】

 

200年前に建てられた民家に生活の道具などが展示されているんですが

これも今は休館中。

 

私がいたころは入口でカモシカを飼っていたんですけどね。

 

 

そして郷土館の近くに建っているカワイらしい建物は『夢みどり館』という喫茶店。

今風ならカフェですね。

 

もちろん休業中。

 

 

ちょっとムーミン的でしょ?

飛騨の木材をふんだんに使った、とても素敵な建物なのにもったいない。

 

どなたかカフェ始めませんか?

 

・・・・

 

もうどこもかしこもこんな感じで静か〜なんです。

たぶん日本中の村がこんな感じなんでしょうね。

 

実に、もったいない。

 

これって政治の責任が大きいと思いますが、今回はこれで終わっておきます。

本当は、話したくてしょうがないんですけどね。(;一_一)

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

◎一時帰国のお土産はいつものタンディン市場。

 

一時帰国のお土産はいつものタンディン市場で調達。

そしていつものナッツ類とフライドエシャレットなどを購入。

 

日本人の間で有名になっているあのお店はいつも人が多いので

ここ2年ばかりは奥の入口から入ったお店にしています。

 

このお店ってこの市場の中でも卸し専門らしくて

お値段がどこよりも安いんです。

 

しかも端っこなので人が少なくてゆっくりお買い物できます。

 

 

お店が広いんですよね。他の3倍くらいあります。

たいていの乾物は揃っています。

 

でもフライドエシャレットはなかったので、結局近くの別のお店で買ったんですけどね。

自宅用だったらここでナッツだけ買います。

フライドエシャレットは近所の朝市で売っているので。

 

 

市場の中は同じようなものを売るお店が固まって集まっています。

 

 

でも卵屋さんはここだけかも。

卵だけって日本でもなかなかないと思いますが。

 

これだけ卵が並んでいるのは

日持ちするピータンや塩卵なども置いているからでしょうね。

 

アヒルやウズラ、そして

 

 

香草と一緒に売られているのは孵化する前のアヒルの玉子=ホビロンです。

ホビロンを食べる時はこのヤナギタデ (Rau răm)と決まっているので、どっさり置いてあります。

 

ベトナム料理って香草をふんだんに使うんですが

多くの料理は使う香草が決まっているのでセットで置いてあることが多いんです。

 

塩玉子はしばらく食べてないのでちょっと食べたい気もしましたが

6個もいらない、2個で十分。結局パスしました。

 

この日は皮付きカシューナッツ、フライドエシャレット、

自分用にダシ用干し海老を買いました。

 

また半年後の一時帰国前に来ると思います。

たぶん。

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

◎調子に乗ってペアパンダサコッシュ制作中。

 

パンダのリュックが評判良かったので調子に乗って

パンダのサコッシュを作り始めました。

 

サコッシュってけっこう大きなものもありますが

背中にパンダリュック、首からパンダサコッシュにしたかったので

サコッシュの大きさは20cm×15cmと小ぶりにしました。

 

小さいので紐タイプにしようと思っています。

まだサンプルも作っていないんですけどね。

 

サコッシュはもちろんパンダだけではありません。

お花系、植物系、幾何学系といろいろ作ります。

 

一時帰国の間にフンさんがせっせと刺繍してくれている最中です。

 

ベトナムに戻ったくらいに仕上がってくると思うので

それからサンプルを作って今年中には完成させたいです。

 

楽しみにお待ちください♪

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

◎一時帰国で帰った日本は○○だらけ。

手羽先のから揚げ『世界の山ちゃん』

 

名古屋に行くとアチコチにある手羽先のから揚げ『世界の山ちゃん』。

名古屋で停まったホテルの近くにあったので、お土産に5本だけ買いました。

 

注文してから待つこと5分くらい。

入口から厨房が丸見えで、5〜6人の若い人が働いているのが見えたんですが

どう見ても全員外国人ぽい。しかも国籍バラバラ。

 

帰り際にさっきのお兄さんに

「スタッフみんな外国人なの?」って聞いてみたんです。

 

そしたら

「はい、店長はまだ来ていませんが全員そうです。」って言うから

 

「店長は日本人なのね?」って聞き返すと

 

「店長も外国人です。」だって。

 

コレって日本に住んでたら今では普通なんでしょうか?

この10年の間にものすごいことになってますね。

 

昔は外国人ていったらインド料理なんかの外国料理か

普通の居酒屋にいたとしても2〜3人だったのが、今じゃ全員て。

 

恐ろしいことになってますね。

 

この急激な増え方はちょっとヤバいでしょ。

徐々に少しずつ入れて慣らしていくのならまだわかるけど。

 

日本の景気が良くならなくて賃金が上がらないのは

さんざん言っていますが、売国財務省の財政均衡政策の仕業です。

わざと日本人の給料が上がらないようにしていますからね。

 

そしてこの入管法改正による外国人の多さもそれに拍車をかけています。

 

給料の安い外国人が入ってきたら、ますます低賃金化するのは当たり前ですから。

みんなが低賃金になって、その分サービスも質も落ちていくことでしょう。

 

日本に来るたびにモノが安くなっています。安いもの競争がハンバじゃない。

今はサービスの質も高いので、世界最強のコストパフォーマンス国になっています。

 

もう生鮮食料品だってベトナムと価格的に変わらなくなってきています。

デパ地下の魚の安さにビックリですよ。

 

『茹でガエル理論』て知っていますか?

「カエルをいきなり熱湯に入れると慌てて飛び出して逃げるが、水から入れてじわじわと温度を上げていくと、カエルは温度変化に気づかず、生命の危機を感じないまま茹で上がり死んでしまう」

 

今の日本はまさしくこの状態。

日本に帰るたびに、実感します。今何度なんでしょうね?

 

50度近くいってるかも。

危機的状態ですね。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

このページの先頭へ