Page: 2/256  << >>
総黒革のボディーバッグあります。

黒革ボディーバッグ

 

すごく柔らかい上質の革で作られた、総革のボディーバッグ。

 

先日パンガンダランのお店にご来店された

男性のお客様がオーダーされました。

 

正直に言うと、総革のオーダーは初めてなんです。

 

昨年から始めたんですが、問い合わせは何件かあったのですが実現にいたらず

今回が初めてということに。

 

パンガンダランは刺繍屋だと思われているので

刺繍の入っていないバッグは売れ行きがいま一つ鈍いんです。

 

特にこの総革バッグは見るだけ―みたいな感じで。

 

でもパンガンダランは刺繍屋でもありますが、バッグ屋でもありますから

革だけバッグだっていくらでも作れちゃうわけです。

 

しかもこの革だけバッグ、お値段が素晴らしいんです。

全部革で、コレだけ凝った作りで、このお値段。

しかも裏地の持ち込みができるサービスまで付いて。

 

なぜ安いかと言うと、これだけB to Cだから。

わかりますか?B to C。Business to Consumerの略です。

ビジネスから直接消費者に渡る商品だから。

 

パンガンダランでは通常の商品はB to Bなんです。Business to Businessですね。

一部ネットやアトリエショップでも売っていますがメインはB to B。

 

B to Bは消費者に届くまでに中間業者がいますからあまり安いと利益がとれません。

その分を考慮して価格設定をします。

 

一方B to Cは中間業者が入らないので価格を安く設定できます。

オーダーはお客様から直接ですからね。

 

しかもこれはパンガンダランだけの事情なんですが、

布を使わないと、私個人の作業がいりません!ここがすごく大きいんです。

 

布に接着芯を貼って、切っての作業がすごく大変なんです。

私がそれをやってるもんですから、そこで作業が溜まってしまうことも多くて。

 

そんなパンガンダランならではの理由で総革バッグはお値打ちなんです。

 

今回はついでなので同じのをもう一つ作りました。お店に黒革のが並んでいます。

ものすごく柔らかくていい革なのでお客様も大満足でした。(*^_^*)

ちなみに1週間でお渡しできました。

 

ご興味のある方はぜひご来店ください。

 

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 16:40 | comments(2) | - |
始めて買ったけど二度と買わないと思うpart2。

前回好評だった、『始めて買ったけど二度と買わないと思う』の2回目。

 

朝市のいつもの魚屋のオバちゃんから買った大きな平たい魚。

なんだかよく見るとものすごく怖い顔をしている。

 

例によって平たい魚を3枚卸しするのは難しいので、ブツ切り。

 

ブツ切りして葱と生姜で煮魚に。

おばちゃん推薦のこの魚、顔も怖いけど皮も相当怖い。ガチガチ。

 

煮たら柔らかくなるのかな―?

と期待してたらそれなりに柔らかくはなったけど皮が厚くてゴムみたい。

 

揚げたらいいのかなー?こういう場合。

うーん、あまりのゴムさかげんにもう一度買って揚げようという気は失せました。

 

私の魚史上、最強のゴム魚でした。

 

カニの爪。これもいつものおばちゃんから。

茹でてみたけど味がなくて不味い。

 

そのまま食べるのはあきらめて中身をほじくり出して

チャーハンの具にしたらなんとかいけた。

 

これも二度目はないと。

 

立派でしょ、テナガ海老。

これは海老屋(エビだけ売っている)のおばちゃんから。

 

いつもの小ぶりのエビの横で売ってたので

たまには違うのも食べてみんべと買ってみたけれど、大味。

 

小ぶりの海老の方がだんぜん美味しい。飾るには見栄えがするけどね。

 

と言うことで、魚介類は当たり外れが大きいなという感じです。

でも食べてみないとわからないですからね、こればっかりは。

 

なんだか外れの方が多い気もするけれど、

当たりを求めて頑張ります!

 

今回の写真はどれも『Befunky』で加工したのでちょっと雰囲気がありますよね。

ハマっています。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 20:29 | comments(0) | - |
13夜ポーチの大きさを、写真加工アプリ『BeFunky』で。

13夜ポーチ

 

ちょっとおとなし目ではありますが

いつもの写真を写真加工アプリ『BeFunky』でいじってみました。

 

ちょっと雰囲気が出ました風です。

 

インスタ映えという言葉がはやりましたが、インスタグラムは写真を投稿するときに

既に写真加工フィルターが付いてますから加工が簡単にできます。

 

でもブログは他の加工アプリを立ち上げて使うしか方法がありません。

 

私は通常、ペイントで簡単にしてしまうのですが

文字を入れたい時などはフォトショップを使います。

 

今回は手軽に雰囲気を出せるアプリを探していて『BeFunky』に行きつきました。

無料で簡単に使えるので、何でもない写真をどうにかしたい時に使えそうです。

 

いろいろなパターンがあって、

月に$2.91でアップグレードするとさらにたくさん使えるのですが、

私の場合、ほんとにたまにしか使わないし無料ので十分楽しめています。

 

ボケ感を加え、グランジフレームで囲み、

スクラッチテクスチャーを被せただけです。

 

デジタルの時代ですよね、私がグラフィックデザイナーをしていた頃には

自分でこんな加工ができるなんて、夢のまた夢でしたもんね。

 

時代は進むよ〜どこまでも〜。

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 21:35 | comments(0) | - |
ホーチミンのローカル鍼治療は殺しもやります。

■『phong kham dong y nam an』

189C Cong Quynh Street、Nguyen Cu Trinh Ward、Dist.1

コープマートの角にあります。

 

パンガンダランから歩いて15分くらい。

 

 

↑入口に警備員さんがいてバイクのチケットをくれます。

 

説明書きの看板に引かれている線が気になりますが、

中は飾りっけのない質素な雰囲気。

 

白いカーテンの中が治療室。

 

入口を入ったところにある待合室。

ベトナム人が2人いました。たぶん患者さん。

 

中に入っても誰も来ないのでしばらくぽかんとしていると、

白衣を着た人が通りかかったので声をかけてみる。

 

英語が通じたので針の治療をしてほしいと言うと、

ではこの部屋にお入りくださいと、すぐに治療室に通される。

 

するとすぐに先生がやってきて英語で具合を尋ねます。

これこれしかじかです、と答えると

では横になってくださいと、ものすごいスピード間で治療が始まりました。

 

このベッドの上で鍼を刺され、2〜30分横になっていました。

その間、刺された針の部分がぴくぴく動きます。

 

 

↑カーテンの向こうで人が歩いているのがわかります。

 

針は人生で2回目。

しかも1回目がもう20年ほど前にやっぱりホーチミンで受けました。

 

これは本当に人によるのでしょうが、

私はマッサージをされて体が軽くなったとか、楽になった等の経験がないので

最近はまったくそういったところに行っていません。

 

でも針はひょっとしたら効くかもと思って来てみたのですが

やっぱり全然ダメでした。

 

それどころか裸足だったので2か所虫に刺されて痒い痒い。

たぶん2度と来ることはないと思います。

 

でも人によってはよくなったと言う人もいるらしいので

ダメもとで行ってみてもいいかもしれません。250,000d=¥1250だし。

 

 

↑ネットでこの治療院を調べていたらプロフェッショナルサービスの項目に

『殺し屋』が出てきます。

http://dongynaman.com/dich-vu-chuyen-mon/co-xuong-khop/

 

恐ろしや〜。(;一_一)

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 00:30 | comments(0) | - |
くるくるヤモリ、へとへとヤモリ。

くるくるヤモリ刺繍・ショルダーバッグ

くるくるヤモリ刺繍・ショルダーバッグ。

先日HPにアップしましたが、即行売り切れました。

 

根強いファンがいますね、ヤモリは。

 

こちらはへとへとヤモリ。

ヘトヘトどころかくたばってもう動かないんですが。

 

身長5センチにも満たない、子供ヤモリが

たまにこういう状態で見つかります。

 

この子はまだ立体感がありますが

ほとんどの場合、水分が抜けちゃってぺしゃんこの状態でみつかることが多いです。

日干し状態。

 

この子供時代を乗り切ると大きく成長して

大きなものも食べられて長生きするんでしょうね。

 

昔引っ越してきた頃、たまにゴ○○リの胴体だけ床に落っこちてる時がありました。

壁の穴から出てくるゴ○○リを待ち構えていたんでしょうね。

 

そのことがわかってから壁の穴を塞いだらゴ○○リもいなくなって

ついでにヤモリもいなくなりました。

ヤモリのふんで壁が汚かったのもスッキリ解消。

 

ギャー、こんなことを書くとヤモリの売れ行きに差しさわりが出てくる?

でも害虫を食べて家を守るイイもんですからね。

 

家を守るヤモリ。

ご利益あります、きっと。

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 16:40 | comments(2) | - |
▲ top page

Search

ショップはこちら

Profile

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Category

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode