ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

◎車に当てられてバイクがボコボコに。

ホーチミンでバイク修理

 

もう8年以上乗っている愛車ヤマハamore。

カンボジアに移動する駐在の奥様から譲り受けたものです。

小さくて物がたくさん載せられるのが気に入っていました。

 

テト前の話で恐縮ですが左に曲がろうとしたところ、

後ろから車に当てられ、ヨロヨロしたところ、止まっていた車にぶつかってしまいました。

 

フロントがクシャっとつぶれ、右ブレーキの位置がずれてしまいました。

写真ではよく見えていませんが、あちこちにヒビが入ってボロボロです。

 

ヨロヨロしたときにぶつかって倒れた女の人のバイクは大丈夫だったようです。

彼女はかすり傷で済んだようでよかった。

 

さっそく人が集まってきます。

当てた運転手も車から降りてきました。ちゃんと降りてきたのでとりあえずホッとする私。

 

さてどう出るのかと思ったら、私のバイクの惨状を見て1,000,000d=¥4700渡して

そそくさと去ってしまいまいました。

 

あっけにとられる私、、、、。

 

言葉が通じないってもどかしい。

 

幸い、どうにか運転できたので家の近くの修理屋に持って行くことにしました。

近所での事故だったのがまだ助かった。

 

ホーチミンでバイク修理

 

家から歩いて1分のたびたびお世話になっているお店。

 

バイクを見せるとちょっと待てと電話をかけ始めます。

部品の相談か?前側は全部交換になるようなので。

 

どうやらヤマハに電話していたらしく、

ヤマハでは赤がなく、黒と白しかないがいいか?と聞いてきます。

 

え?前だけ色が違うの?それっていくら何でもおかしいでしょ、っていうと、

ヤマハが近くにあるからヤマハに行って相談しろと言います。

スマホでグーグルマップを出して位置も教えてくれます。

 

そういうことだったら仕方がないべ、とヤマハへGO.

 

ホーチミンでバイク修理

 

さっきの修理屋よりは大きくて設備が整っています。

 

 

ホーチミンでバイク修理

 

でも中はなんとなくベトナムチック。

 

ここではなんと受付の女性が英語を話せたので助かりました。

結局、赤はないということで黒にすることにしました。

前だけじゃないですよ、すべて黒。

 

しかもサスペンションも交換したほうがいいということになり、

総額3,280,000dとなりました。

 

当てた人に1,000,000dもらってるから

損したような、ちょっと得したような、、、、?


それにしても怪我がなかったのが幸いでした。

バイクが身代わりに壊れてくれたかと思うとありがたい限りです。

 

1週間ほどで直るから直ったら電話をくれるということになって

一件落着。

歩いて帰りました。

 

そして五日後、心配だったので様子を見てみようと歩いて行ったところ

ちょうど直している最中でした。

あと1時間で仕上がるから、そしたらまた来いと言います。

意外と早かった。

 

ホーチミンでバイク修理

 

ジャ〜〜〜ン。ピカピカで真っ黒。きれいに仕上がっていました。

プラスチックの部分も代えたので、パッと見新品に見えなくもない。(*^_^*)

 

よかった、よかった、まだまだ乗れるぞーと喜んで帰宅中、

またしてもハプニングが、、、、、。

 

続く。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

コメント
このページの先頭へ