Entry: main  << >>
◎ベトナムに来たら玉子を食べよう。

ベトナムの焼き玉子

 

玉子です。黄味がない?何これ?

 

焼き玉子といいます。

ホーチミンでは道端で炭火の上で焼かれているのを見ます。

 

実は私、この焼き卵の存在を最近まで知りませんでした。

エー、知らなかったの?って驚く人もいるかも。

 

ベトナムでは玉子といえばあの孵化する前のアヒルの玉子「ホビロン」

が有名ですが、ずっとそれだと思っていたんです。

 

でもある時、いつもの石焼き芋の屋台でめずらしく玉子を焼いていたんです。

普通ホビロンは焼かないし、何だろと思って一つだけ買ってみました。

 

玉子のお尻に穴が開いてるようです。

アヒルが出てきたらすぐに捨てようと身構えながら殻を向いたところ

見た目は普通の茹で玉子。

 

恐る恐る包丁で’2つにカット。

あれっ?黄味がない!

 

チョッとだけ端っこを食べてみると、、、、、美味しい。

 

なんだろ?この味?懐かしいような気もするんだけど。

 

さっそくググってみたところ、焼き玉子と言って

底に穴をあ開け中身を取りだした後、調味料を加えてまた戻し、

焼いたものらしい。

 

なるほど、どおりで黄味がないわけだ。

 

ベトナムのスーパーへ行くとピータンやら、塩卵やら、アヒルの卵やら

いろんなのが一緒に置いてあります。

それだけ、いろいろな食べ方をするということなんでしょうね。

 

ベトナムに来たらぜひ召し上がってください。

ホビロンも。

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 19:50 | comments(0) | - |
Comment








Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Profile

ショップはこちら

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode