ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

近所のバインミー屋について思うこと。

ホーチミンのバインミー屋

 

近所のバインミー屋さん、歩いて1分。

1分だけれど、初めて入りました。もともとバインミーをあまり食べないので。

 

ホーチミンのバインミー屋

 

ガラスケースの中はこんな感じ。

いわゆる、普通のバインミー屋さん。

 

ホーチミンのバインミー屋

 

屋台と違ってスペースが広いので肉の種類も多い。

この時は鳥の手羽元を注文。

 

ホーチミンのバインミー屋

 

まず、オーブントースターでパンをチン。

屋台にはないサービス。

 

ホーチミンのバインミー屋

 

そして手羽元を持って店の奥に入っていく。

 

ホーチミンのバインミー屋

 

で、店の奥にあるキッチンのフライパンに入れ炒めはじめました。

といっても炙る程度ですが。

 

それから写真のようにそれを小さく切り分けます。

 

ホーチミンのバインミー屋

 

その間にお店を物色。駄菓子屋も兼ねています。

 

ホーチミンのバインミー屋

 

ベトナムの駄菓子やおやつがずらり。

どれもそれなりに食べていますが、また食べたくなるのは2種類くらいかな。

 

ホーチミンのバインミー屋

 

外は猛暑。うだるような暑さ。

 

ホーチミンのバインミー屋

 

こんなこじゃれたパッケージに入れてくれました。お絞り付きです!

 

ホーチミンのバインミー屋

 

中身もたっぷり。

これで30,000d=¥150はお得。

 

それなりに美味しかったし、近所だし、サービスもいいし

たまに行ってもいいはずなんですが、行ってません。

 

理由は清潔感。

ちょっとなんとなく雰囲気が不潔というか、そんな感じなんです。

まだ屋台のおばちゃんが張り付いてハエを追っ払ってる方がましというか。

 

あの炎天下にガラスケースドンと置いて、お客さんが来たら出て来てって

ちょっとやっぱり心もとないというか。

キッチンも薄汚れた感じだったし。

 

食べ物屋さんですからね、清潔第一ですよね。

 

当り前のどうでもいい話しなんですけど、

ベトナムではたまに出くわします。

 

どうでもいい話なんですけどね。

 

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

コメント
このページの先頭へ