ベトナムお土産ブランド
『サイゴンチェアsaigonchair』

ようやく最初の商品、タオルハンカチが店頭に並びました。
8種類の刺繍があり、ふんわりフカフカ、1枚70,000VNDです。
卸し販売もしますのでご希望の小売店様はご連絡ください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

デニムが買えない。

ベトナムのデニム生地

 

20mと20mのデニム生地2つ。バイクに積める量だけ買いました。

 

タンビン市場で買ったのですが

唯一買えたと言っていいデニムでした。

 

パンガンダランでは毎回、どの型にもデニム生地を使っていますが

毎年選択の幅が減ってきています。

 

というのはほとんどのデニム生地がストレッチ混になっているため。

 

刺繍って生地が伸びると刺しにくいんです。

しかもバッグの生地が伸びるなんで言語道断で。

 

最近のジーンズってほとんど多かれ少なかれ

ストレッチが入っていると思いませんか?

入っていないのは男性用の一部の定番ジーンズくらいで。

 

やっぱりストレッチ混に慣れるとその方が楽ちんですもんね。

私ももちろんそうです。

というか入ってないものを探す方が難しい。

 

そうなると当然生地もそうなってくるわけです。

 

デニム生地専門店には100本近い種類が並んでいるんですが、

その9割がストレッチ混。

 

その1割のなかから使えるものを選ばなければいけないので

色がどうの、厚さがどうのと選べなくなってきました。

 

柔らかさだけは譲れないので

多少薄くなっても柔らかなものを選ぶようにしているんですけどね。

 

買う時にはお店の人も「これは男性用の」と言っていました。

イメージは大型バイクに乗るような男性がはくジーンズ用でしょうか。

 

世の中にはストレッチ混キライ派もいますからね。

そこに望みをつなげるしかありません。

 

パンガンダランのバッグからデニム生地がなくなる日が来ないことを

祈るばかりです。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

コメント
このページの先頭へ