Page: 1/3   >>
ベトナムで背景紙を買う。

 

↑狭いお店に人だかり。

 

ベトナムってホントに必要なものがない。

背景紙を求めてカメラ屋を何軒も回って、ようやくたどり着いたのがここ。

 

 

↑店の奥も所狭しと商品が置いてあります。

メットかぶったままなのがベトナムらしい。

 

このお店は様子を見てると、

必要なものをネットで取り寄せてくれるらしいんです。

 

背景紙の他にACアダプターも欲しかったのでお願いしたら

アメリカから船で届くので2週間はかかり、しかも中古。

 

モーいいよ。

ACアダプターはあきらめました。電池でしのぎます。

 

 

残念ながら背景紙は置いてあったのですが220cmのしかなかったんです。

長すぎる、その半分でいいのに。

 

でも「カット、カット」とジェスチャーで伝えると

「じゃあカットするぞ」とのこと。

 

 

↑のこぎりで背景紙を切りはじめた。

のこぎりがカメラ屋にちゃんとあるところが、、、。

 

 

↑切った背景紙をバイクの両側にくくりつけ、はいポーズ。

このノリが実にベトナム人らしい。(*^_^*)

 

 

↑背景紙が見事にはまりました。ピッタリです。

 

今まで背景が壁だったのでどうしても暗く写り、

写真を切り抜き加工することが多かったのですが

この背景紙で撮るようになってからは切り抜きの手間が省け、効率が上がりました。

 

もう何年も背景をどうにかしたいと思っていたが解決できて

いつものことながら、早くしとけばよかったと思うんです。

 

後から考えると簡単なんですけどね。

 

ちなみに背景紙のお値段は1,150,000vnd=¥5,750でした。

■SLab

43 Huynh Thuc Khang Q1. 

 

 


にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 21:12 | comments(0) | - |
『リコーGR DIGITAL 検 また壊れました。

HPの写真はデジカメで撮っています。

 

 

↑すでにHPにアップしてしまったんですが

明らかにもやがかかっています。まるで摩周湖の霧の中で撮ったような。

 

買って3年半。HP用にしか使ってないのになぜ壊れる?

前にも買ってすぐに壊れたので修理に出したことがあります。

そのときの記事『カメラ村のたたり』

 

コストパフォーマンス悪過ぎないですか?

ネットで調べたら壊れやすい機種だとされていました。早く言ってくれ。

修理に出してもまた壊れそうな気がしてしまいます。一応出してみますが。

 

今はもう一つのデジカメで撮っていますが

商売道具なので常に予備がないと不安です。

 

買いますか、仕方ないから。

今どき次はやっぱり一眼レフですよね。

 

あーあ、でも私カメラ壊すの得意だからなー。

不安が残る、、、。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

| 鈴木とら | 02:59 | comments(0) | - |
吸ったらマズイ、有毒な煙が


↑チョロンの手芸市場で買ったアイロン。中国製40,000d=¥212

このアイロンは先が細くなっていて、縫って結んだ後の糸を焼き切るのに使います。
ず〜っと探していました。

日本では先が針金状になったものを使っていたのですが
あいにくボルト数が違うのでベトナムでは使えません。

しかたなくライターであぶっていたんですが
やはり狙いどおりに燃えてくれないんですよ。

しかもサイゴンは暑いですからね、扇風機を使ってると火がゆらゆらと揺れるわけです。
なかなか狙いが定まらない。

見つけた時は速攻で買いました。
ちょっと先は太いけどどうにかなるだろうと思って。

気になったのはそのお値段。
安すぎる。

でもまあそんなもんかと、、、



コンセントに繋ぎさっそく試してみたところ、
次第にこの穴からなにやらモコモコと煙が。

使い始めだからね、熱いし、そのうち収まるだろうと思ったら
これがさらにモコモコしてきてメッチャクチャ臭い!

吸ったら病気になるレベルの臭さ。毒に近い。

うわ〜〜〜っと思って電気を抜いたら煙が収まったので
熱いうちにと糸を切ってみたら、綺麗に切れました。

綺麗に切れたけど、冷めてきたのでまた繋いだら
またモコモコ臭い煙がでてきた。

これ何度か使ってるうちに出なくなるんでしょうか?
でも試しているうちに倒れそうな気がしてきた。

せめて倍の値段でいいから
煙の出ないのが欲しい。

恐るべし、中国製。




↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。
| 鈴木とら | 23:48 | comments(2) | - |
これ間違えるか?人の事言えない。
前回、ベトナム人のいい加減んさには
ホントに疲れる、いい加減にしろー、という記事を書きました。



↑専用の袋がなかったので
日本でプラスチックにも押せる、耐油ハンコを作りました。

それぞれ雰囲気が出ていい感じになりました。(早く作れよ〜)

さて、この辺りで勘のいい人なら
いえ、このブログで私のオットットなお間抜けぶりをご存知の方なら

うすうす感ずいているでしょうか



すみません、申し訳ありません、ごめんなさい。

またやってしまいました。何これ?

今回はコピー&ペーストしたので間違っていようなんぞ
露ほども疑わず何の確認もしなかったのか、こんなことに。

日本製の耐油ハンコ¥4030が台無しに。
でも住所入りは伝票類だけにしか使わないので
しばらくこれでいきます。

間違ってなかったら袋にも押せたけど、さー。

あー、人の事言えない。

ブログに書くのも恥ずかしいと思ったけど
ハンコは見せたかったので、、、、。

あー、人の事言えない。



↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。
| 鈴木とら | 18:27 | comments(0) | - |
バッグスタンド逆輸入。

アイアンのバッグスタンド

↑アイアンのバッグスタンド。
どこかで見た覚えのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?



↑丈が短いので今のところハンドバッグにしか使えません。

今回日本から持ってきた備品のうちの1つなのですが
じつはコレ、以前ベトナムで買って日本で使っていたモノなんです。

今でもパスター通りにある、「La bella」という洋服屋さんで使っていたのを
いくらかで譲っていただいたものです。

5本買って「ティルタガンガ」(日本でやってたお店)で使っていました。

買った当時はまだアメリカ人デザイナーのシルビアさんがいたころで
店名も「SXS」(Silk X Sillvia)でした。

シルビアさんが追い出される形で(ベトナムではよくある)
デザイナーが変わってしまいましたが
シルビアさんがいる頃に「ティルタガンガ」では商品をいくつか仕入れていました。

でもまさかあの頃にこうしてまたベトナムで使うようになるとは
夢にも考えていませんでしたね。

グラフィックデザイナーから輸入販売業に転身した時と同様
思いもかけない展開に人生の不思議さを感じます。

これから先、あと何年このバッグスタンドはがんばってくれるんでしょうねー。
ず〜っと、できるだけ長く居てほしいと願ってるんですけど。

先は長いですね。
コツコツ足元を見て頑張っていこうと思います。



↓ポチっと押して応援お願いします。

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ
| | 18:33 | comments(4) | - |
ハサミを研いでもらいました。
おととしの6月26日に買った裁ちばさみの切れ味が悪くなりだしたので
新たに購入しました。

一昨年の記事はコチラ

ベトナムのハサミ

↑青いのが今回買った方。
ちょっと長くて細いですね。116,000VND=¥556

値上がってっる上に円安で赤いのが¥380だったのに比べると
割高感があります。

ベトナムの物価はこんな風に上がっていきます。

赤いのも薄い生地でなければ切れるので
研ぎ屋さんが来たら研いでもらおうと思ってました。

で、昨日、研ぎ屋さんが家の前に現れたので
呼び止めてその場で研いでもらいました。

ベトナムのハサミ研ぎ

↑その場に道具を広げ研ぎ出しました。

最初は前方のグラインダーを手回しでぐるぐる回し
ハサミをあてがって、火花を散らしながらギュンギューン研ぎます。

ベトナムのハサミ研ぎ

↑仕上げは水で濡らした砥石で丁寧に。

ものの5分くらいでしょうか。
ハサミを開いたり閉じたりするとシャキシャキといい音がします。

切れ味も戻りました。
〆て30,000VND=¥144。

修理屋さんが回ってくるっていいですよね。
ホッとします。

なくならないでほしい風景ですね。



↓ポチっと押して応援お願いします。

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ
| | 00:23 | comments(0) | - |
ミシン天国、ベトナム。

ホントに、この日ばかりはベトナムでよかった〜と
実感した日でありました。

先週ですが国際展示場で「繊維製品展示会」ってのがあったんです。

今まで行ったことがなかったのですが、
その「繊維」という文字に魅かれ覗いてみることにしました。

行ってみるとそこは機械と布と糸の、いわゆる工場関係者の展示会でした。

う〜んこれはちょっと場違い。
何の収穫もなく、一回りして物の10分くらいで見終わりました。

あ〜あ、無駄骨だったな〜とあ思いながら
その近くのごはん屋さんで一休み。

「ブンダウ・マントム」と
「ヤウチュア・○○コム」(←これすごくおいしいチェーでした。また食べたい。)
を注文している間に、お隣のミシン屋さんをちょっと見。

この展示会場は空港の近くにあって
その周りには繊維工場なんかもあったりしてそれ関係のお店がたくさん並んでいるんです。

中に入っていくと店の人がミシンを解体中。目が釘付け。

そうなんです、実はこの前から家のミシンが調子悪いんです。
モーターがスイッチを切った後でもウ〜ンウ〜ンしばらく唸ってるんです。

あれっ、もしかしたらここで直してもらえるかも?と思い立ち
尋ねてみました。

そしたらこのお店ではできないけど近くのお店で直せると
住所を教えてくれました。

で、ご飯を食べた後同じ通りのその住所にいってみると
そのミシン屋さんで5軒先だと言われ
そこに行ってみると、やっぱり同じようなミシン屋さん。

そこで家のミシンが調子悪い。モーターが良くない。
と下手なベトナム語と身振り手振りで話すと、

住所を聞かれ、「6時で」
とおっしゃる。

6時?んん?6時に家に来るということ?

「明日?」と聞くと

「今日」と返事。

只今5時なので1時間後ということらしい。
え〜、素早すぎる〜!

「わかった、私、家帰る〜」と言い残し、
土砂降りの中バイクを飛ばし、ミシン回りの掃除をし待機していました。

まっ、ベトナム人のことだから6時ピッタリには来ないだろうな〜、雨だし、
今日6時って言ったけど、本当かな?わたしの勘違いだったかな?
と思いながら、うつらうつらしていたら

7時ごろ、ご到着。

ミシンの修理

↑重たい鞄の中から修理道具をとりだし、
ガンガン、コツコツ1時間くらいで無事終了。

モーターの中の部品を交換し、アチコチいろいろ直してもらって
300,000d=¥1400。 超安!

いや〜、まったく予想外の展開でした。

ベトナムはバイク天国だというのは有名ですが
ミシン天国でもあります。

調子が悪い時はいつでも電話したら、すぐ直してくれて
そのうえ激安。

なんだかキツネにつままれたような日でした。

ベトナム万歳!




↓ポチっと押して応援お願いします。

↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

| | 02:49 | comments(0) | - |
革の達人。
「革の達人」という革のトリートメント剤のお話。

実家に帰っている間に、HPに載せる写真を撮っていたのですが
銀ペンの跡がたくさん付いているのを発見。

帰国前でソートー慌ただしく
出来立てのバッグをそそくさとスーツケースに詰めてきたので
まだお手入れしていない状態でした。

銀ペンというのは革を扱う人であれば、1本は持っているであろうと言う、
革に書けるペンです。

日本であればその銀ペンが付いた状態で納品というのはあり得ません。
というか、銀ペンを表側には使わないと思います。

いつも銀ペンは消してから持ってきてくれ、
と言ってあるのですが
相変わらず、付けたまま持ってきます。

この銀ペンは消せるのですが、消すには道具がいります。

私はいつもトリーメント剤の「ラナパー」でふき取るのですが
それでも取れない時は「チャコ消しペン」でこすってから
ラナパーでふき取ります。

これでほぼ取れるのですが、まれに書いた跡が残るんです。

銀色は取れているけど、軌跡が残るというか。
よほど注意しないとわかりませんが。

えー、それで撮影の前にその銀ペン跡を撮ろうとしたのですが
実家に「ラナパー」がないことに気付いたんです。

よわった、残りあと3日しかない!

あわててネットで調べてみると
アマゾンのお急ぎ便で翌日発送できる商品が見つかりました。

ラナパーではないけれど、ラナパーに似た成分で
国産品。

革の達人

↑でん。その名も「革の達人」。

使ってみましたが銀ペンもきれいに取れるし
匂いもしないし、お値段もそこそことイイ感じです。

ラナパーより油分少なめでしょうか?
仕上がりがベトベトしません。

気に入りました。



↓ポチっと押して応援お願いします。


↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ
| | 23:45 | comments(0) | - |
紙は紙問屋。
昨日に引き続き、タンビン市場です。



↑大きな紙問屋。
私がホーチミンで見た中では1番大きい。



↑紙もいろいろありますが、主に梱包系のクラフト紙系。
ビニールの透明袋や手提げ袋もあり。



↑お店で使う包装類を購入。

ホーチミンではどこでもこういう類のものはキロで買いますが
さすが紙問屋は安い!

だいたいその辺の市場で買うとキロ50.000d=¥200のモノが
キロ30.000d=¥120で買えます。

キロ単位でしか売ってくれませんが、需要のある時はここはおススメ。
ばらまきのお土産用とか。

種類が多いし、安い。
ちょっと遠いけど、布屋もたくさんあるしね。




↓ポチっと押して応援お願いします。


↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ

| | 23:07 | comments(2) | - |
ポンチ買いました。
先日ご来店のお客様が
山羊刺繍のショルダーバッグをお買い上げくださいました。

このショルダーバッグは2ヵ所でベルトの長さ調整を出来るので
斜め掛けもできるし、肩掛けもできます。

しかし、そのお客様は
「もっと短くして持ちたいんです。」とおっしゃる。

もっと短くすることは出来ます。
出来ますが、ベルトにさらに穴を開けないといけません。

あいにく手元に同じサイズの穴を開けられるポンチがありません。

ポンチ購入後、穴を開けることは出来ますが。
お客様はちょっと遠くに住んでらっしゃるため、これません。

仕方なく、お客様にどこかでポンチを買っていただいて
ご自分で開けていただくと言う事に、、、、、。

はーっ、ポンチくらい用意しとけよ、カバン屋でしょ。

という事で、買ってきました!

ポンチ屋

↑タンビン市場にある金物屋さん。
ハサミとか、メジャー工具、いろいろ置いてます。

今回はたまたまタンビンでしたがヤンシン市場とか
アチコチで買えます。

ポンチ

↑1本12,000d=¥48。
大きさもいろいろあります。ゴム板も一緒に売ってますよ。

ポンチ

↑左が今回買ったモノ。
もうちょっと小さくてもよかったかも。まっ、いいか。

さあこれで準備万端。
どれだけでも開けられます。

次のお客様、お待ちしておりま〜す。



↓ポチっと押して応援お願いします。


↓すみません、これもポチっと押して応援お願いします。
人気ブログランキングへ




| | 22:10 | comments(2) | - |
▲ top page

Search

ショップはこちら

Profile

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Category

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode