Page: 1/5   >>
ホーチミンのFV病院で手術代100万円といわれ、

 

ホーチミンの7区にあるフランス系の総合病院、FV病院。

ベトナム在住9年目にして始めていきました。

 

 

行ってみて驚きましたが、とても立派でキレイな病院です。

 

 

どこもきれいで広々しています。

 

 

カフェコーナーもあったりして(内容は甘いものばかりで

病院でこんな不健康なものばかり販売していいのか?とは思いましたが)

なかなか充実しています。

 

今回は足がだるくて、『血管外科』に行ってきました。

 

周りの患者さんは外資系の病院らしく外国人比率高し。

診察まで30分くらい待っていたかなぁ、

診察室に通されるとベトナム人の先生に英語でいろいろ聞かれます。

 

それから足のエコーをとって結果を聞くと

どうやら病名は『下肢静脈瘤』らしいんですが、それは手術で治せますよということです。

 

手術というのはレーザーで壊れた静脈を焼くというものなんですが

その手術は日帰りででき、痛みがなくとても簡単なものだといいます。

 

ただし、施術費用は100万円です。

いっておきますが円ですよ、ドンではありません。

 

ひゃ、ひゃくまんえん、て。

そんなこと急に言われても。

 

ということでその日は診察代2,551,000d=¥12,700をしはらい

考えますということで帰宅。

 

それからネットなどでいろいろ調べ、

どうせ手術するんだったら日本でした方が安全だし安いしということで

とある日本の専門クリニックへFV病院のエコー診断記録を送ったところ

「そのエコーの結果から判断すると手術は必要ありません」とのこと。

 

えーっ!ベトナム人先生は手術で治るって言ってたけど、ななんなんだそれは?

 

ということで、一時帰国の際にその日本のクリニックで再検査したところ、

全く異常なし、ということでした。

 

???

 

ベトナム人先生の診断はいったいなんだったんでしょう?

英語での会話だったために私が間違えたのでしょうか?

でも何度も聞きなおしたと思うんですが。

 

なにも異常がないのに手術を勧めるってどういうことでしょう?

 

今までホーチミンの病院はあちこちいきましたが、

やっぱり日本の病院と比べると格段に質が落ちます。

 

日本人のお医者さんは赴任しても2〜3年で帰国してしまうし

日系や外資系クリニックは圧倒的に設備が限られているし、高いし。

ローカル病院は行ったことがないですが、野戦病院の様だといいます。

場所がなくて廊下にまでベッドがはみ出ているらしいです。

 

たまに老後はベトナムというのはどうでしょう?等、お客様に聞かれたりしますが

その度にベトナムは医療が最低ですから止めておいた方がいいです、

と答えています。

 

この国に住もうと思ったら病院には悩まされると思います。

体の弱い人はご注意を。

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。
 

 

Instagram

| 鈴木とら | 18:18 | comments(2) | - |
2年ビザをとれなかった理由。

今年も5月で1年ビザが切れるので

いつもの7区にある旅行代理店に行ってきました。

 

 

■MINH THU Co.,Ltd.
B015 Hung Vuong 1, Phu My Hung, Dist.7
DT:08 54100350-54102145
0908269986

 

 

今年も1年ビザを取得するつもりで行ったのですが

話しているうちに今年は2年ビザも簡単に取れ、しかも安いということがわかりました。

 

1年ビザ=$540,2年ビザ=$870

 

これだったら2年ビザの方が断然お得です。

しかも2年間ビザ切れの心配をしなくてもいいし。

 

去年は2年ビザが$1000近くし、しかも手続きが面倒そうだったので止めたのに

なぜ今年は簡単で、かつ安くなったのか聞いたところ

取引会社を変えましたとの返事でした。

 

ふ〜ん、そんなもんなんだ、よくわからないけど

便利になったのでOKということで2年を申請。

現金が足りなかったので手付金を支払って連絡を待つことに。

 

そしてそれから4.5日して携帯に電話がきました。

予定より速かったのかなと思ったら、なんと2年ビザが取れませんとの知らせでした。

 

何だ何だ?よくあるベトナムあるあるか?と思ってたら

私のパスポートが残り2年を切っているとのこと。

 

あー、そうだった、ベトナムに来てはや9年。

日本で作った10年パスポートはそろそろ終わりに近かったのでした。

 

来る前に3カ月で帰ってきても恥ずかしくないよ、と言われてから 既に9年。

長いようで短い。 感慨深いものがあります。

 

ビザは結局2年が取れず1年になってしまいました。

 

来年のビザ更新の前に

ホーチミンの日本領事館で新しいパスポートを作ることにします。

 

 

◎5月7日〜24日まで一時帰国のためホーチミン店は休んでいます。

通信販売はベトナム発送分は25日発送となりますが

日本発送分は通常通りの営業です。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 13:42 | comments(0) | - |
ベトナム在住のみなさん。sim登録しないと明後日から携帯電話が使えません。

 

みなさん、知ってましたか?

明日25日までにSIM登録しないと携帯電話が使えなくなるって。

 

ベトナムの携帯は日本みたいな定額契約制でなくて

街角でSIMのプリベートカードを買って差し込めば使えてしまうので

電話会社に登録していない人がたくさんいます。

 

たぶん政府から何らかのお達しがあったのでしょう、

SIMを使うのに本人確認が必要となりました。

 

それぞれ使用中の電話会社に行き登録をしなくてはいけないのですが

外国人の場合はパスポートとVISAが必要になります。

 

私は昨日月曜日の午後2時ころに行ったのですが

店内は黒山の人だかり。

 

 

ベトナム人も登録をしていない人が多いらしく、ごった返していました。

 

そんな中、外国人が手続きするのは頭の痛いところですが

入口の案内の人にどうしたらいいのか尋ねたら

「あちらの角に行って手続きしてください」とのこと。

 

言われるままに指差された、その角に行ってみたらなんとなくそこだけ閑散としたムード。

どうやら外国人専用カウンターのようでした。

 

 

私の前には一人外国人男性が手続き中ですぐに私の番が。

書類にパスポートの内容を記入し、ほんの5分程度で手続きを終えることができました。

 

外国人専用カウンター。

これはありがたい。

 

25日までと言うことですがほんとうに使えなくなるかはさだかではありません。

 

でも結構前から警告のお知らせは来ていたようです。

私はよくわからないので全部消去してしまっていましたが

JTBの岡崎さんが教えてくれたのでギリギリセーフで間に合いました。

ありがとう。(*^_^*)

 

まだ手続きしてない人は早めにどうぞ。

 

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 15:48 | comments(2) | - |
ミルーアでバブリーダンス踊ってみた

ホーチミンのダンスサークル『SDクルー』の送別会。

楽しさ?が伝わってくるでしょー。

 

『ミルーア』でバブリーダンス踊ってみた、かった。

すみません、私だけ練習時間の関係で踊ってませんが

写真の皆さんはちゃんと踊ったあとです。

 

メンバーの1人である日本人学校の先生が帰国されるということで

送別会に合わせて『バブリーダンス』を猛特訓して踊ってくれました。

 

難しいんですよ〜『バブリーダンス』

動きが早くて相当練習しないとまったくついていけません。

 

 

衣装もお化粧もばっちりです!

 

みんな市場で調達したらしいのですが、

今どき日本では考えられないようなバブリーな衣装が

ここベトナムではドンピシャなのが250,000=¥1,250ほどで買えちゃうんです!

まさしくバブリー天国?!

 

食事のあとは大写真撮影で盛り上がりました。

男子は人生で一度あるかないかの女装ですからね、しっかりカメラに収めておかねばなりません。

女子もバブルはほぼ2度とやってこなさそうですから、この衣装は貴重です。

 

 

すみません、ダンスサークルは『ミルーア』さんを使うことが多いんですが

もうさんざん何度も食べているのに、いつも写真を撮り忘れてしまいます。

 

 

魚介はもちろん、この店主お手製の生ハムが絶品です。

私はきゅうりと一緒に食べるのがお気に入り。

 

 

燻製卵。これも絶対食べます。一度食べたらやめられません。

玉子好きの私のおススメです。

 

他にもステーキやカレーなども出たんですが、

人数が多いと撮るのを忘れてしまいます。ひたすら食べて話すとなるので。

 

最近始まったらしい、ワンプレートランチも美味しそうです。

早起きしたら行ってみたいです。(*^_^*)

 

えー、そんな感じで大盛り上がりだったバブリー送別会は

この後ダンスサークルらしくクラブに向かいました。

 

そしてそこでも大盛り上がり。

なんて乗りのいい人たちなんだー。

 

いつまでも踊っていたかったんですが、老体なので後ろ髪引かれながら早めに引き上げましたが

彼らはたぶん朝まで盛りあがったんでしょうね。若者特権ですな。

 

いやー、面白かった。かなり面白かった。

 

惜しむらくは、バブリーダンス踊ってみた、かった。

 

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 21:25 | comments(0) | - |
ドリアン6兄弟。

 

ドリアン6兄弟。(*^_^*)

 

ドリアンはほぼ100%根が出ます。

でもちゃんと芽が出るのは8割くらい。

 

芽が出る前に種が腐ってしまうものがあって

そうなると水が濁って例のドリアン臭がしてきます。

 

芽が出たのは比較的育つんですが

実はまだ1年以上たったのはありません。

 

と言うのも一時帰国の時に家を空けるのでその間に枯れてしまうんです。

水を切らすと弱い植物のようで。

 

でも前回はOさんが一時帰国中にたまたま住んでくれることになったので

安心して帰国しました。

しっかりもののOさんならキチンと管理してくれるはず。

 

でしたが、戻ってみると全部枯れていました。(;一_一)

無事だったのは水栽培の植物だけ。水栽培にしといて助かった。

 

あまりにも見事な枯れっぷりだったので笑ってしまいましたが、

Oさん曰く、根腐れが心配だったと。

 

植物って難しいですね。

毎日気をかけてやらないと一瞬にしてダメになってしまいます。

熱帯の植物は一度枯れると再生しにくいようです。

 

植物なんて育てなければいいのにとも思うんですが

食べた後のあの立派な種を捨てるのが惜しいんですよね。

 

つい育てたくなってしまうんです。

でも一時帰国がネックなんですよ、わかってはいるんですが。

 

止められない。

 

 

*今日の文章はなぜかすごく時間がかかりました。終わり方に苦労しました。

どうでもいいことを書いているせいなのか?

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 21:54 | comments(0) | - |
お土産を開けてから返してくる、ベトナム人のお隣さん。

 

↑今回の一時帰国でお世話になっているお隣さんに持っていった『叶匠寿庵』のお土産が

この状態で返ってきました。

 

ベトナムにかかわってかれこれ20年ですが、今だに驚かされます。

 

お隣のおばさんが『Khong biet an 食べ方がわからない』と言いながら

それぞれ封を切ったままのお土産を返しにきたんです。

 

今までも一時帰国の時には必ずお土産を渡していました。

何も問題はなかったと思っていたのが今回は『Khong biet an 食べ方がわからない』です。

 

名古屋の名鉄百貨店で買った、『叶匠寿庵』のワラビもちと梅ゼリーと栗饅頭のセット。

『Khong biet an 食べ方がわからない』らしいです。

 

まぁ、確かにわかりにくいかもしれないけれど、

封を切った状態で返してくるとは、ちょっとばかし驚いた。

 

ベトナム人は本当に幅が広いと言うか、いろいろな人がいます。

食に関しては保守的な人が多く、食べたことがないものを食べない人がたまにいます。

 

食べたことがないから、食べてみたらいいのに。

 

ここの改装を手伝ってくれた、職人のタムさんも私が日本のお菓子をあげようとすると

食べたことがないからと言って絶対に受け取りませんでした。

 

封を切ったまま返すのも、きっと悪気があるわけではなく

ただ単に『Khong biet an 食べ方がわからない』から返しただけなんでしょう。

 

実に正直と言うか、この点は日本人につめの垢(ほんの少しですが)を

飲ませてあげてもいいかも。

 

街はおしゃれなカフェが増えてハイカラになっていますが

人々はそれほど変わらず、進み具合に追いつけず、保守的な人が大部分のような気がします。

 

お土産はわかりやすいものがいいです。

チョコレート系などは間違いなく受けることでしょう。

 

それにしても文化の違いは底知れませんね。改めて奥深さを感じました。

 

『叶匠寿庵』のセットは私がいただきました。

さすがに美味しいですね。

 

次回は洋風のお土産にしようと思います。

間違いないでしょうから。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 18:10 | comments(0) | - |
空港からぼったくりタクシーに乗りました。

 

↑タンソンニャット空港から乗った『saigontourist taxi』。

 

きのう無事にホーチミンに着きました。

でも到着するや否や、ベトナムの洗礼をいくつか受けたのですが

その中でも悪質だったのが、このタクシー。

 

いつも到着すると、私はまず3階の発着ロビーに上がって

そこで誰かが乗ってきたタクシーを拾うようにしています。

 

これは空港に多い、悪質なタクシーを避ける手段で、

治安の悪い国の空港ではよく使っていました。

 

昨日もいつものように発着階に上がり、タクシー乗り場に向かったのですが

停まっていたのがあいにく『saigontourist taxi』。

 

ホーチミンでは『vinasun』もしくは『mailinh』がいいとされているので

ちょっと不安でしたが、発着階だしまぁいいか、と思い乗り込みました。

 

がしかし、これがぼったくりだったんです。

 

まだあんまり走っていないのにメーターがどんどん上がるんですよ。

普通家まではどれだけかかっても160,000dくらいなんですが、

まだ半分も行ってないのに120,000dになってるんです。

 

どう考えてもおかしいので、メーターを指差しながら

『mac qua! 高すぎる!』というと

 

『少なくとも200,000dはかかるから』とタクシーの運転手。

 

『普通は150,000dで行くから。このタクシーおかしいね、番号控えて会社に電話するよ!』

と怒りながら紙とボールペンをとりだす私。

 

『わかった、わかった、150,000でいいよ。』とあっさり悪事を認め、メーターを切る運転手。

 

『はぁ、150,000d?120,000dでしょ!』と私。

 

『わかった、わかった、120,000dでいいよ』と運転手。

 

かくしてタクシーは家の前まで行き、

120,000dを支払い、無事に帰ることができました。

 

でもちょうど120,000dなくて220,000dを払ったら

100,000dのお釣りがなかったので

ちょっと歩いて、いつもいるバイクタクシーのおじさんに両替してもらいました。

 

これもよくやる手口なので、小額紙幣を必ず用意しておくか、

降りたところで誰かに両替してもらってください。

 

とりあえず無事に着いたのでよかったですが、

空港からなので荷物も多いし、気付いた時点で降りるわけにもいかず

ちゃんと着くかちょっとばかり心配でした。

 

反省点として、発着階で拾ったとしても止まっているのは要注意ですね。

乗ってきた客が降りたのを拾うのがベストですね。

 

あと、社内がガランとしてました。番号を控えようにも運転手の写真や名前もないし、

タクシー会社の広告みたいなものが一切見当たらないんです。

 

乗る時に写真と名前があるか確認しないといけないですね。

 

でもこれってベトナムに初めてきた旅行者だったら、

高いのかどうかわからなくてボッタクられてしまう確率が高いでしょうね。

 

油断禁物です。ベトナム。

 

今回も着いた早々、帰りたくなりました。

 

あ〜あ。疲れた。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 16:43 | comments(0) | - |
ケンさんがアレを持ってきてくれました。と一時帰国のお知らせ。

ボディーバッグ・パンガンダラン

 

↑パンガンダランのボディーバッグをご愛用のケンさん。

 

そのケンさんが突然のベトナム出張ということで

大好物『ミョウガ』をしかも甘酢につけたのも一緒に、日本から持ってきてくれました。

 

ヤッタ!

 

ミョウガは多分奥様が持たせてくれたのでしょう。

ケンさん夫婦がベトナムに駐在してた頃はよく一緒に遊んだので。

 

私がこのお店をオープンするときにお祝いのちらし寿司をいただいて後、帰国となりましたから

もう6年経ちますね、早いですねー。

 

目まぐるしく移り変わるホーチミンで6年間同じ場所でお店が出来ているのは

けっこうラッキーなことかもしれません。

多くのお店が値上げやら何やらで退去するケースが多いですからね、ここは。

 

さてお知らせですが

一時帰国のため、今月24日〜11月7日までホーチミンのお店と海外配送はお休みになります。

日本での国内配送はそのままですので引き続きご利用ください。

 

と言うことでミョウガは24日までに食べきることにします。

まずはそうめんの薬味でかな。(*^_^*)

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 17:43 | comments(0) | - |
ついでなので、水道の話を続けます。

前回で、何が起こったかのあらましは理解していただけたでしょうか?

今日は工事を順を追ってお話します、

 

 

↑お店の前の道に水道のメーターを埋め込むために穴を開け始めました。

 

 

↑どにかく掘る掘る。

緑のシャベルはパンガンダラン提供。おじさん、手を使って掘ってたので。

 

 

↑この時点で水道管にメーターBOXの管を取り付け終ってます。

 

青いのが元々の水道管で手前の黒い箱がメーターBOX。

開閉してメーターを読めるようになってます。でも結局ちゃんと閉まらなくてパカパカだけど。(;一_一)

 

 

↑こうして水道管を床下に埋めずに通します。

 

 

↑メーターBOXからパイプが伸びて店の中に続きます。

 

 

↑表の壁の穴からこうやって店内に水道管が伸びます。

 

 

↑お店の床の上を水道管が通る。

この時点でパイプが足りず、ワーカー君1人が買い出しに。

 

 

↑お店とキッチンの境の狭い壁に穴を開けてパイプを通す。

 

 

↑キッチン側から見たところ。

 

 

↑とび出た柱をよけて冷蔵庫の裏へパイプが伸びる。

 

 

↑最後はキッチンの壁から外にある元々の水道管につなげることに。

案の定、タイルがきたなく割れました。

 

いいよいいよ、繋がれば。精巧さなど君たちには求めてないから。

 

こうして、長さにして20m弱の水道管が床の上を通り、

無事、水が蛇口から出ました!

 

やれやれ。

 

とりあえず、この日は水が出たということで陽も傾いていたので終了。

穴をセメントで補修するのは明日ということになりました。

 

上の写真は全て補修後のモノです。

その日は壁に穴が開いたまま終わりました。

 

そして次の日のランチは美味しいカレーの『VIDU Q2』でお食事会、

の話は以前しました、よね。

 

4時にワーカーが来るということで家で待っていたんですが、6時になっても来ません。

ったく。

 

このままにはしておけないので、役所のおっさんは多分この地域の管理だからと推測し、

近所をダメもとで探してみることにしました。

 

いました。近所に、案の定。

 

まだワーカーたちが来ないんだと言うと

なんだかんだとベトナム語で言い訳している様子。

昨日の工事でお金をちゃんとワーカーに支払ったのか?とぬかすので

法外な値段を支払ったと言ってやった。(実際に払いすぎた)

 

まったく何なんだこいつら。

 

これもまた埒が明かないので、今度はいつも買い物しているオーガニックのお店から

英語のできる店員さんを捕まえてきて通訳をお願い。

 

そこで何とかやり取りし、ワーカーに連絡してもらい

次の日の1時に来るということで約束を取り付けました。

 

疲れる。

役所のおっさんも言葉が通じないとめんどくさがって、聞こうという態度がみられないんだな、ったく。

 

こうしてどうにか事は進んで、次の日まで待つことに。

でも既に水は来ているので穴をセメントでふさぐのはもういつでもいいや、

もし来なければセメント塗りくらい自分でやるよ、くらいの気持ちになっていました。

 

そして次の日1時には(もうすでにここまで読んだ人はわかると思いますが)

もちろんワーカーは来ませんでしたが、2時にはきました。意外と早い。(;一_一)

 

 

↑ところがワーカーの持ってきたセメントの量と言ったらバケツにほんの少し。

とてもじゃないけど全部塗れる量じゃない。

 

どこまで行っても、いいかげんな適当仕事。もう日常茶飯事。

 

幸い、パンガンダランはこんなこともあろうかと、セメントの粉を備蓄しているのですよ。

途中で帰ろうとしたワーカーにそれを見せると、じゃあと言うことで

近所の現場の砂を貰ってきて混ぜて、練って、ようやく再開と。

 

もー、何もかもがすんなりいかない。

 

 

こうしてようやく、水道工事は終わりました。

 

この後、心労からか久々に風邪をひきました。

幸い軽い症状ですみましたが、そうとう神経を使ったのだと思います。(;一_一)

 

 

疲れた。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 20:36 | comments(2) | - |
思い出すのも嫌でようやくブログにアップ。

今日は『水道』の話です。

 

まったく関係ない人も多いでしょうし、興味のない人もほとんどだと思うので

パーっと素早く行きたいとは思ってはいるのですが、

 

多くの人が途中で挫折すると思います。予め言っときます。

 

簡単に言うと、(これでも相当はしょっている)最近断水が多くて困っていたんですが

その日は前日の夕方から断水で、次の日の昼になっても水が出なかったんです。

 

しびれを切らしてお隣に聞いてみおると、お隣は断水ではないらしい。

 

なんでなんでだ?といろいろ聞いてみると

水道のメーターを付け替える工事をしないといけないのが

この家は届け出をしていなかったために、突然水を止められてしまったらしい。

 

これは一大事と言うことで

近所で英語のできるお姉さんに無理矢理通訳をお願いし

お役所にアチコチ電話を掛けてもらって

どうにか次の日に工事ができることになったのだけれど

 

次の日、工事のワーカーたちが来てみたら、 (8時に来ると言ったのに午後2時に来た)

今度は水道管を裏の家の敷地内から通さないといけなくなったが

その家はずーっと留守で連絡がとれず、では連絡がとれるまで工事中止と。

 

中止って言われても、おとといから水が来てないんですけど!

 

もうこれはまたまた一大事なので

今度は近所の大学生寮の入口にいた、見知らぬ女学生を捕まえて無理矢理通訳してもらい

この家の玄関前から家の中にパイプを通して水回りに繋げればOKと言うことに。

 

でもそれって、お店の床を掘って水道管を埋めるってこと?

そんな大変なことできるわけないでしょ〜!

 

って言ったら一緒に来たお役所のおっさんが

それだったら今日は工事ができないからと言って、なんとワーカーを返してしまった。

 

なななな、何てことだ。いったい何時になったら水を通してもらえるんだ?

 

なんだか全く合点がいかず、

通訳の女子学生にゆっくり、よ〜く問いただしてみたら

 

実は床を掘るのではなく、掘らずに床の上にパイプを通すと役所のおっさんは言ってたらしい。

それを私が掘って埋めてほしいと勘違いしたらしくて、

それじゃあ、日を追ってと言うことになったもよう。

 

いきなり『Can you speek English ?』で捕まえた学生に

ちゃんと通訳しろと言うのも無茶な話で、話をこじらせてしまったわけです。

 

で、運よく役所のおっさんが近くにまだいたので事情を説明したら

だったら今日やるよと言うことで、

どこかへ帰ってしまっていたワーカー君を呼び寄せてくれたという次第。

 

みなさん、ついてこれましたか?

 

 

こうしてようやく作業開始となりました。

 

書いてる私が嫌々思い出しながらで疲れてきたので、

工事のもようは今度にします。

 

疲れた。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 20:15 | comments(0) | - |
▲ top page

Search

ショップはこちら

Profile

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Category

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode