Page: 1/6   >>
アンティークなカフェ『Villa Royale Downtown Antiques & Tea Room』in ホーチミン

今日は以前ご紹介した2区ある店『Villa Royale』が1区にもできたので

そのご紹介。

 

『Villa Royale Downtown Antiques & Tea Room』in ホーチミン

 

とにかく入口がわかりにくい(パンガンダランよりは100倍イイですが)カフェ。

散歩の途中で一度ふらりと入ったきり見つけられずにいました。

 

『Villa Royale Downtown Antiques & Tea Room』in ホーチミン

 

お店はこの入口を入った2階にあります。

 

『Villa Royale Downtown Antiques & Tea Room』in ホーチミン

 

この先を進むと

 

『Villa Royale Downtown Antiques & Tea Room』in ホーチミン

 

この階段をあがれの看板。

 

『Villa Royale Downtown Antiques & Tea Room』in ホーチミン

 

華やかな孔雀がお出迎え。

 

『Villa Royale Downtown Antiques & Tea Room』in ホーチミン

 

雰囲気のある廊下が次の部屋を想像させます。

 

『Villa Royale Downtown Antiques & Tea Room』in ホーチミン

 

アンティークな店内。入って左から順に撮影。

 

『Villa Royale Downtown Antiques & Tea Room』in ホーチミン

 

ところ狭しと飾ってあるのは売り物のアンティーク品。

 

『Villa Royale Downtown Antiques & Tea Room』in ホーチミン

 

着物?

 

『Villa Royale Downtown Antiques & Tea Room』in ホーチミン

 

アンティークってやっぱりフォトジェニックですねー。

どこを撮っても画になります。

 

ところで、ここまで見て何か気付きませんでした?

 

一緒に行ったCさん曰く

テーブルのカップが全部上を向いてるところが日本人としては気になると。

 

確かに。日本人なら下向きにふせて置いとくなと。

ここはオーストラリア人オーナーのお店ですが文化の違いなんでしょうね。

 

『Villa Royale Downtown Antiques & Tea Room』in ホーチミン

 

奥はカウンター。

紅茶の入った缶がズラリと並び、

その手前には撮り忘れましたがケーキのショーケースがあります。

 

『Villa Royale Downtown Antiques & Tea Room』in ホーチミン

 

お店のスタッフが缶を開け、お茶の香りをかがせてくれます。

私たちの選んだのは『1887 Black Tea』。

 

 

さすがに専門店だけあって美味しい。

食器類が優雅な雰囲気を醸し出しています。

 

『Villa Royale Downtown Antiques & Tea Room』in ホーチミン

 

このスコーンは甘さ控えめでクリームとよく合って美味しかったです。

好きな味でした。

 

このスコーンを食べにまた行きたい。

 

『Villa Royale Downtown Antiques & Tea Room』in ホーチミン

 

最後に後ろ髪ひかれたのはこのティーセット。

緑好きの私の目に飛び込んできました。

 

欲しい。でもあのピッチャーとかどうやって使うんだろうか?

たぶん使いきれずに花瓶かなんかにしそう。

ああでも花瓶でもいいか、素敵な色だし、、、。

 

いまだに悩んでいます。

 

 

■Villa Royale Downtown Antiques & Tea Room

25 Ho Tung Mau Street  District 1

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 21:30 | comments(0) | - |
ベトナムのChao luonうなぎ粥のお味は、

 

7区のフーミーフン( PhuMyHung)にあるウナギ粥のお店。

 

 

Quan Luon Xu Nghe ウコンのうなぎ屋。

なんだか、精力モリモリってかんじですが。

 

 

店の奥にあるテレビでは日本の映画がやってました。

従業員君が熱心に視聴中。

 

 

お店の外は優雅なフーミーフンの静けさ。

 

 

ウコンのウナギ粥。たっぷりの量です。

 

食べてみるとウナギの量もたっぷり。

ウナギといってもドジョウ並みの小さいのがたっぷり。

 

だけど、なぜかウナギの味がしない。

臭みがないのはいいんだけど、肝心の魚の味がしない。美味しいとも不味いとも言い難い。

 

しかも前回のイカ粥と同様にしょっぱい。

 

お粥でなくてウナギ焼きそばみたいなのもあるようだけど、どうなんだろ?

 

とりあえず残さず食べたけど、次回はないかな。

ゴメンナサイ。

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 19:20 | comments(0) | - |
ベトナムのChao mucイカ粥のお味は、

 

Pho Duc Chinhフォードゥックチン通りの

どローカルチックなChao MUcイカ粥屋さん。

 

 

入った入口には種類の違うスープや具材がズラリ。

 

 

どローカルチックな外観と、どローカルチックな調味料周り。

プラスチック系が混ざるところがローカルチック。

 

 

シンプルなイカ粥には揚げパンが付いてきます。

お味は、、、しょっぱい。うーんここまでしょっぱくしなくても―。

この塩加減で2杯分作れそう。

 

しょっぱいので揚げパンで薄めようとしたらこれが美味しい。

揚げパンだけおかわりしたいくらい。

 

 

周りの人はイカ粥率も多いけど、そうでないものも食べています。

 

 

いろいろな組み合わせがあるんですね。

普通のお粥もあるし、マカロニ+豚足とかも。

 

めずらしく、英語表記付きのメニューなのでだいたいわかるのですが

GIO GAN=肝臓

GIO MONG=豚足

GIO NAC=骨付きすね肉

HOT VIT BAC THAO=ピータン

らしいです。

 

たぶんイカ粥は次に行ってもしょっぱいだろうから

banh canh+ gio nac=ベトナム風うどん+骨付きすね肉でも食べてみようかな。

 

ちょっと冒険ですが。

 

■CHAO MUC 10

So 10  Pho Duc Chinh, P Nguyen Thai Binh, Q1
 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 18:48 | comments(0) | - |
初めてのBUN MAM ブンマム144

ベトナム在住9年目ですが、

未だに食べたことがないベトナム食があります。

 

今回のBUN MAMブンマムもその一つ。

恥ずかしながら、その存在自体も知りませんでした。

 

スーパーに行く途中にあるのでいつも前を通ってはいたのですが。

 

 

BUN MAMブンマム=ブンという米から作った麺とマムと言う海老を発酵させた調味料。

意味はわかっていても、その組み合わせがあることを知りませんでした。

 

 

キレイに盛られた具材たち。

海老やらイカが大きくて立派。

 

 

店内から。大きな寸胴にはMAMのスープが。

 

 

ここのメニューはBUN MAMだけ。

55Kは55,000dの普通盛り、65kは65,000dの大盛り。

 

 

こざっぱりした調味料入れ。

具材の並べ方といい、店主がキチンとさんなんでしょうね。

 

 

55kのBUN MAM。具材がたっぷり。

さつま揚げや、ズイキなど他ではあまり見かけない食材も。

向こうに見えてる赤いトウガラシは辛くはありません。

 

MAMマムのスープはコクがあって美味しいです。

ちょっとしょっぱいけどMAM好きの私にはピッタリ。

具材が豊富なので満足感もあります。

 

ここはローカル食堂のリストに加えました。

機会があったらまた行きたいと思います。

 

■BUN MAM 144

144 khanh hoi P6. Q.4

 

 

 

◎5月7日〜24日まで一時帰国のためホーチミン店は休んでいます。

通信販売はベトナム発送分は25日発送となりますが、

日本発送分は通常通りの営業です。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 23:38 | comments(0) | - |
韓国エリア7区の楽しみ方。

 

7区のスカイガーデンがある一帯はここはどこの国?

と思わせるようなコリアンタウン。

 

たまたま7区に用事があっった帰りに食事をしようと探していたら

前にも増してコリアン度が高まっていました。

 

いったい何十件あるんでしょ?コリアンレストラン。

 

大きいのから小さいのまでいろいろあったんですが

今回は家庭的な感じのする外観に惹かれて写真のお店へ。

 

 

注文したのはビビンバ。

日本の韓国料理屋さんと違ってベトナムでは小鉢がたくさん並びます。

これだけでごはんが食べられるくらい。

 

このビビンバも具がキャベツ、きゅうり、にんじん、玉子焼きと

日本の韓国料理屋さんの中身とずいぶん違います。

 

ビビンバだけだとあっさりしていますが小鉢にキムチ系のおかずがたくさんあるので

それらと一緒に食べるとちょうどいい感じ。

 

ちゃんとスープも付いてたし、満足しました。

 

ビビンバでもいろんなのがあるんですねー、と思ったところで思いつきました。

7区に来たらいろいろな韓国料理屋さんでビビンバばかり食べてみようかなと。

 

ビビンバだったらどのお店にもあるだろうし、

何件かまわているうちにそれぞれのお店の特色もわかってくるかもしれないし。

 

と言うことで7区に行くのが少し楽しみになりました。

 

7区ってめったに行かないですからね、この時はFV病院に行った帰りでした。

次は病院帰りでないといいな。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 23:59 | comments(0) | - |
抹茶ブーム。

 

世界的な抹茶ブームですが、ここサイゴンもしかり。

 

ここ5,6年の間に抹茶カフェが増えました。

最初はビンコムショッピングセンター内に『ヤマモト抹茶カフェ』ができたのが

最初だったと思います。

 

小さなお店でしたがいつも若者でにぎわっていた印象があります。

ベトナム人が抹茶?と思っていたのもつかの間。

最近では街中のどこでも見かけるようになりました。

 

お寿司もそうですが、抹茶も世界的な大ブームだそうです。

日本のお茶農家も生産が追い付かないくらい。

 

近所のTrn Hung Dao通りの『ヤマモト抹茶カフェ』。

いつも若者でいっぱいです。

 

ベトナム人は甘いものが大好きですから抹茶と言っても

ケーキやスムージー、クリームラテなどの甘いメニューがメインですが。

 

いやー、それにしてもここまで抹茶ブームになるとは想像もしなかったです。

今でも不思議。

 

 

2階はちょっと殺風景ですが、畳みなのでくつろげます。

長居したい時にイイですね。

 

ここの抹茶どら焼きは手土産にもってこい。日本人用にもベトナム人用にも使えます。

 

それにしても十数年前はまともな普通のカプチーノが飲めるお店すらなかったのに、

いやはやスピードが速すぎて末恐ろしささえ感じてしまいます。

 

乗り遅れないようにしないとね。

疲れますが。(;一_一)

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 15:21 | comments(0) | - |
『Bun dau mam tomブンダウマントム』だらけ。

ここ半年ばかりの間に近所に『Bun dau mam tomブンダウマムトム』のお店が

3軒できた、そのうちの一つ。

 

右下の小皿に入っているたれがmam tomマムトム(海老の塩辛)に

揚げたdau豆腐とBunブン(米粉の麺)を付けて食べる、シンプルな料理。

 

他にゆで豚、きゅうり、香草、もち米入りのさつま揚げがのっかってます。

これは『Thap cam nhoタップカムニョ―(全部入った小さいの)』で60,000d=¥300。

 

ハノイ発のこのスタイルは5,6年前からサイゴンに広がり始め

最近では極めてポピュラーなローカル食として定着しています。

 

私もこれが大好きで美味しい、早い、安いので

たまに食べています。

 

ブンダウマムトムのお店って、なぜかどこかコジャレているんですよ。

近所のこの小さなお店もぱっと見、カフェっぽい。

 

ね、看板なんて完全にカフェでしょ。

で、なんとなくレトロチックなところもブンダウマムトムのお店の特徴。

 

こてこてのフォー屋さんとはたたずまいが微妙に違うんです。

 

表はローカル色満載の通り。

 

ベトナムってカフェだらけなんですが、このブンダウマムトムもコジャレてて

簡単に調理できるから若者がやりたがるんでしょうね。

 

そして何軒かつぶれ、また何軒か現れを繰り返しながら

たぶん今後ますます増えていきそうな予感がします。

 

 

●サイゴン店のテトセールは今月28日まで。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 19:16 | comments(0) | - |
ホーチミンを一望できるレストラン『空へ』。

24階からの眺め。

ホーチミンの街が一望できます。

 

家から歩いて5分の場所にある日本食レストラン『空へ』のランチはとてもお得。

こういった定食の他にお寿司や麺類などもあって種類が豊富。

 

今回は焼き鳥定食。195,000d(税抜き)=¥1,000

 

写真の通りのすごいボリュームで、、、、残しました。

完食ならず。

 

ランチは2時までと短いのですが店内が広いので余裕で座れます。

メニューも多いし眺めも抜群で、もし同じビルの中だったら毎日行ってもイイくらいです。

 

ただし、ランチはです。

夜に行ったら、高かった。

やっぱりお昼のランチと比べると閑散としてました。

 

その分、ランチのお得感が増すというか、そんな感じ。

 

ランチにおススメです。(*^_^*)

 

■空へ sorae

24-25F,  AB Tower, 76A Le Lai, Dist 1, TPHCM

 

 

■ WEB お年玉セール ■

2018年 1月/3日(水)〜31日(水)まで。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 19:38 | comments(0) | - |
有名なフエ料理『Nghi Xuanギースアン』の評価。

 

有名なフエ料理『Nghi Xuanギースアン』の店内。

 

フエ料理には王朝の料理があり

ここはその宮廷料理を銘打っているので内装もそれなりな感じです。

 

 

壁に描かれた草花が美しい。

 

 

濃い色を基調とした店内は伝統を感じさせます。

 

 

有名なフエ料理のお店なので店内は観光客比率がかなり高い。

 

 

金色の漆のトレーが美しく調和しています。

 

『Banh Beo Tom Chay バイン ベオ トム チャイ』88,000d=¥440

 

米粉から作ったおやつみたいなフエ料理には欠かせない一品。

甘だれをかけてスプーンですくって食べます。

上に乗ってるのが干し海老の砕いたの。

 

『Cha Gio チャー ゾー』118,000d=¥590

 

フエ料理というか、どこでも見かけます。

有名な生春巻きを揚げたような料理。

ベトナム料理と言ったら生春巻きを連想する人が多いですが、私はチャーゾーの方が好き。

 

『Goi xoai xanh tron voi tom kho ゴイ ソアイ チョン ヴォイ トムコー』

118,000d=¥590

 

青いマンゴーと干しエビのサラダ。揚げせんべいにのせて食べます。

マンゴーが甘酸っぱくて美味しいです。

 

『Nghe hap xa ゲー ハップ サー』118,000d=¥590

 

アサリのスープ。これもどこにもあります。

ベトナム流はレモングラスを大量に入れるところ。私もよく作ります。

 

『Canh chua tom su カイン チュア トム スー』148,000d=¥740

 

南部の甘酸っぱいスープ。これはフエ料理ではないですよね。

それに味付け用のタマリンドの味が薄い。

普通は魚を入れますがここのは海老なんですね。

 

『Com hen コム ヘン』88,000=¥440

 

フエ料理と言ったら私はコレ。シジミ丼ぶり。

真ん中に見えてるのがシジミです。

これにマントムと呼ばれるエビの塩辛スープをかけて混ぜて食べます。

 

私はこれが大好きでたまに食べますが、

ここのは観光客用なんでしょうか?マントムの味がしない。残念。

 

『Canh ga chien nuoc mam カイン ガー チン ヌック マム』128,000d=¥640

 

手羽先のヌックマム揚げ。ヌックマムはベトナムの魚醤のこと。

残念。なんでソースが掛かってるの?カリッとしたところが美味しい料理なのに。

 

これにサイゴンビール4本で3人で合計1,239,700d=¥6,200でした。

 

 

有名な『Nghi Xuanギースアン』にはじめていきましたが、

内装 ★★★★

料理 ★★★

値段 ★★★★

 

料理の味はベトナム料理をさんざん食べてる私の評価なのでアレですが

やっぱり観光客用と言うか、パンチが足りない感じがします。

 

でもきれいな内装で場所も中心地の割にとてもリーズナブルなお値段なので

初めてベトナムに来た観光客にはベトナムらしさを味わえてイイと思いました。

 

2人の友人はベトナムに何回か来ていますが満足していたようです。

 

観光客におススメです。

 

 

■ WEB お年玉セール ■

2018年 1月/3日(水)〜31日(水)まで。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 16:34 | comments(0) | - |
L'usine cafeで売られてた意外なもの。

 

レタントン通りにできた、L'usine cafeルージンカフェ。

 

1階の入口から入ると大きなテーブルがあり、その上で雑貨を売っているんですが

なんとコムディギャルソンです。

 

見えてますよね、赤いハートに目玉のTシャツ。

 

このL'usine cafeルージンカフェは

最初にサイゴンのメインストリート・ドンコイ通りの2階でオープン。

ニューヨークぽい作りの内装はとてもおしゃれで、今でも絶大な人気をほこっています。

 

2軒目は観光名所ベンタン市場につながる道、Le loi レロイ通りでこじんまりと。

これもニューヨーク風。

 

そして3軒目がこの日本人街の端にある、Le than ton レタントン通りの1軒や。

4階建てを更地から作っていたので興味津々でした。

 

3階からの階段の眺め。

 

カルダー風モビール。本物か?本物かも。

 

新しいL'usine cafeは何風なんでしょ、これ? チョッと上品です。

 

 

タイルはやっぱり懲り懲りですね。

 

4階のタイル。

 

 

窓の外はぐると南国の植物が囲みます。手入れに余念がないスタッフたち。

 

この3軒のL'usine cafeの特徴は

内装が圧倒的にオシャレ。

カフェの飲み物はリーズナブルだけれど、併設して売られている洋服や雑貨は驚くほど高額。

飲み物は普通に美味しいが、ケーキが甘すぎて美味しくない。

 

オーナーはフランス人。

ものすごいお金持ちが、道楽でやってる感がするんですが、どうなんでしょう。

 

3軒のうちではこのレタントン店が一番落ち着きますね。

パソコンをもちこんで長居している人も多いようでした。

 

それにしてもコムディギャルソンのTシャツ売れるのかなぁ?

あ、すみませんいくらで売られているのかチェックするのを忘れました。

 

次回、もし行くことがあれば調べておきます。

気になりますよね? ならない?

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 15:01 | comments(0) | - |
▲ top page

Search

ショップはこちら

Profile

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Category

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode