大切な自分と
あの人に贈り物。

クリスマス・お正月と大きなイベントが続く季節。
パンガンダランでは国際配送のため、ギフト包装はできませんが
ご希望の方には簡単なリボンをお付けします。
《リボンシール希望》とお知らせください。

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

◎このボリュームでこのお値段はすごい!

 

ここからバイクで5分ほどの距離にある、『ラングファーム L'ANGFARM』のビュッフェ。

 

ザ・ベトナム的なおやつが並びます。

これにアイスクリームまで付いてたったの59,000d=¥277。

 

 

雑誌で読んでからいつか行ってみたいと思っていたのですが

行けずにいるうちにビュッフェの内容がちょっと代っていました。

 

雑誌のはゴハンや野菜が食べられるランチと紹介されていましたが、

今はランチというよりはブランチな内容です。

 

この天津も中は甘いお芋やかぼちゃだし、

上の写真にあるライスペーパーの上に具材をのせて焼く「バンチャンヌン(Banh Trang Nuong)」

も食事というよりはスナックなので。

 

 

飲み物類も充実しています。

特にお茶は珍しい種類がたくさん並んでいます。

 

 

ドライフルーツも充実。

 

 

アイスクリームも食べ放題。

バニラチーズ味をいただきましたが美味しかったです。

 

ちょっとコストパフォーマンスが良すぎませんか?

しかも1日中、夜10時までやってます。

 

 

1階では自社のドライフルーツやお茶がパックで売られています。

どうやらビュッフェは有料の試食場という形式のようです。

 

でもそれにしても安い。

その辺のカフェでコーヒーを飲んでも60,000dするのに。

 

ここは通ってしまいますね、確実に。

ベトナムのお土産も1階で買えるし、観光客にもイイですね。

 

もっと早くいっておけばよかった。

まだ行ってない方、是非どうぞ。

 

ちなみに土日は69,000dになります。

 

 

L’angfarm

771 Tran Hung Dao St., Dist. 5, HCMC

http://www.langfarmdalat.com

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

◎いつのまにか、別のカフェになってました。LACOF coffee shop

『LACOF coffee shop』ホーチミン

 

一時帰国中に家の見張り番をお願いしているOさんに、お土産を手渡しがてら

ランチをご一緒しました。

 

Oさんのオフィスが近くなので、ランチもカフェも私の散歩コースにありますが

私はたいてい家食なので近所のお店は知っていても

ほとんど入ったことのないお店ばかりです。

 

この、こ洒落たカフェも作っていた時から知ってますが

入ったのは初めて。もう2,3年経っていると思うんですが。

 

『LACOF coffee shop』ホーチミン

 

ドーナツやクロワッサン、ワッフルなどもあって美味しそうです。

でもお値段は日本と変わらないくらいなので、ちょっと考えるかな。

 

ブンボーフエのランチのあとに揚げバナナを食べたので、あっさりパスです。

 

『LACOF coffee shop』ホーチミン

 

壁のベトナムチックな通気孔がアクセントになってステキです。

全体にモノトーンな男前の内装ですね。

 

前を通るたびに一度入ってみたいと思っていたので念願がかなって満足しました。

 

『LACOF coffee shop』ホーチミン

 

ブログに書くかもしれないので、とりあえず外観の写真を撮っておこうと思い

気付きました。

 

名前が代わってる。

 

もともと『LACOF coffee shop』だったのに

今は『133 co bac』と番地名がそのまま看板になっています。

 

あらら?オーナーがかわったのかな?

前の看板の方が断然ステキだったのに。

 

内装はそのままってことは誰かに売ったのか?

それとも家主がそのまま続けているのか?

 

何れにしてもついに『LACOF coffee shop』には行けなかったってことですね。

ベトナムのお店は本当に入れ替えが激しくて、

行こうと思ったら無くなってたと言うのはよくある話で。

 

だいたい家賃が高すぎるんですよ、他の物価に比べて。

その家賃を支払って利益を出していくのって、けっこう大変ですからね。

 

日本は店子の権利が強いですが、ここベトナムは家主天国です。

だいたい大地主が共産党の幹部たちですから、そうそう立場は変わらないわけです。

 

でも現状は日本のバブル期状態で、いつはじけてもおかしくないと思うんですが。

 

早くはじけて欲しいと思っている人は多いと思います。

そろそろと言われ始めてからなかなかはじけないんですよ、これが。

 

早くしてほしいんですけどね。

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

◎オシャレな自然派志向ベトナム料理。

Spice Bistroホーチミン

 

お昼のベト飯ランチ。

大きなザルのお盆にバナナの葉っぱを敷いて出される料理はなんともオシャレ。

 

同じような内容のベトナム料理はたくさんありますが

こうやって盛られると美味しく感じます。

 

 

Spice Bistroホーチミン

 

メニューも内装も自然派。

ここは外を遮る壁がありません。大きな屋根だけの屋台のような造り。

 

最近はこういったオシャレなベトナム料理屋さんが増えました。

もう増えすぎて行ってみようという気もわかなくなっていますが。

 

昔はといってもほんの5,6年くらい前まではこんなお店ができたら

とりあえず行ってみたような気がしますが、、、、。

 

でもここはたまたまなんですが、私の好きな

『Sua Chua Nep Cam スア チュア ネップ カム』があったのでご紹介しました。

 

Sua Chua Nep Cam スア チュア ネップ カム

 

この『Sua Chua Nep Cam スア チュア ネップ カム=黒いおこわのヨーグルトがけ』

を食べられるところはホーチミンでは多くありません。

 

なのでメニューに見つけた時は必ず注文して食べます。

 

アチコチで食べていてわかったのですが、このスイーツは

お店によってものすごく違うんです。

 

おこわの炊き方、味付け、固さ、ヨーグルトの固さ、甘さ、分量等、

同じスイーツかと思うほど違います。

 

ここのはヤッパリ甘さ控えめ、大人の味ですね。

私的には氷を入れて、もっとさっぱり食べたいところです。

 

過去に食べた『Sua Chua Nep Cam スア チュア ネップ カム』はコチラ。

 

皆さんもぜひ一度どうぞ。

 

■Spice Bistro

 2 Thi Sách, Bến Nghé, Quận 1, Hồ Chí Minh

Tel: 028 3914 7278

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

こんなところにオシャレかき氷屋が。FUJI-SARYO富士茶寮。

FUJI-SARYOホーチミン

 

いつもの地味でローカルなウォーキングコースに突然現れた

オシャレなかき氷屋さん。

 

私のウォーキングコースは4コースあるんですが

中でもこの道を通るコースはどローカルコースなんです。

 

そんなさえない通りにこの外観。

これは一度は入ってみねばと思いつつ半年が過ぎ、ついに行ってきました。

 

富士茶寮 ホーチミン かき氷

 

スッキリしたカウンター。

 

富士茶寮 ホーチミン かき氷

 

スッキリした店内。

 

富士茶寮 ホーチミン かき氷

 

スッキリしたかき氷。

 

宇治あずきのミニサイズを注文。40,000d=¥200

 

フワフワです。

ミニサイズなのでアズキもミニサイズでしたが

全体に甘くどくなくてスッキリしてて美味しいです。

 

ミニサイズも冷たいのが得意でない私にはありがたいサイズ。

お手軽なので他の味も食べてみたくなります。

 

しかしそれにしても、なぜこの通り?

 

ローカルだけど人通りが少ないし、比較的きれいな道だからかな?

大きな通りより静かだし、落ち着くし。

 

かな。

 

パンガンダランでお買い物された後は

こちらで美味しいかき氷をどうぞ。(*^_^*)

 

 

●富士茶寮

44A Ho Hao Hon | Co Giang Ward, District 1, Ho Chi Minh City 700000, 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

私的、美味しい日本食屋さん in ホーチミン

ホーチミンの日本食屋

 

ホーチミンにある日本食レストラン。

とても日本的で内装が綺麗にできています。

 

ホーチミンの日本食屋

 

ここで食べたのが、なんと鮎の塩焼き。

ベトナムで鮎は捕れませんから、もちろんどこかの国からの輸入物。

 

実家では夏になると、近くの川で捕れた鮎が食卓に上がっていたので

私にとって懐かしい故郷の味です。

 

その鮎がここホーチミンで食べらるとは、すごい時代になりました。

しかも焼き方もうまくて、とても美味しかったです。

 

なめこのおみそ汁と、明太子のおにぎりとお茶で(お茶もしっかり勘定に入っています)

282.700d=¥1328でした。

 

ホーチミンの日本食屋

 

この銀杏は別のお店に入った時にお通しで出てきました。

 

ホーチミンの日本食屋

 

この時はてんざるを注文。

間違って茶そばが出てきてしまいました。

 

てんぷらは美味しかったけど、茶そばは柔らかすぎてダメでした。

 

ベトナムはどこも揚げ物はカラッと揚がってて美味しいんですが

麺は柔らかいのが好きらしく、残念なことが多いです。

 

ローカルイタリアンに行くとスパゲッティも柔らかくて

アルデンテには程遠いし。

 

お茶も勘定に入れて、173,800d=¥817 でした。

 

他にもいろいろな日本食屋で食べてはいるんですが

今日行ったところがとても美味しかったのでご紹介します。

 

ホーチミンの日本食屋

 

鰆の照り焼きランチ。250,000d=¥1,175

 

久々に『鮨人』で食べました。

ここは老舗で10年以上前からある、ベトナム人経営のお店です。

最近はハノイにも支店があるらしいのですが。

 

これは私の持論ですが、スープが美味しいお店は何でも美味しいと。

 

ここのおみそ汁は久々に美味しかったです。

だいたいホーチミンの日本食屋のおみそ汁ってあんまり美味しくなくて

最後まで飲みきることが少ないんですが、ここのはちゃんと1品になっています。

 

しかも魚の焼き具合が絶妙で、身が柔らかくて皮がパリパリ。

副菜のさやいんげんも歯ごたえがあってちょうどいい固さで。

ゴハンがまたうまく炊けてて美味しいんですよ。

 

あれ?ここってこんなに美味しかったっけ?

もう何年も行ってなかったんですが、また通いたくなりました。

 

入れ替わりの多いホーチミンで

ずーっと生き残っているのは、ちゃんと理由があるんですね。

 

駐在者はもちろんですが観光で日本食が食べたくなった時に

立地もいいのでおススメです。

 

 

■鮨人

62Ngo Duc Ke, Ben Nghe, Dist 1

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

すごい切れ味『BURGER JOINT SAIGON』。

『BURGER JOINT SIGON』ホーチミン

 

パンガンダランから歩いて3分。

日本人経営のハンバーガー屋さん。

 

ホーチミンのお店の替わり方はものすごく早くて

1年通ってない通りは、まるで違う通りになっているくらいのスピードです。

 

近所のお店も例外なくコロコロ変わるんですが

このお店は日本人経営と聞いて行ってみました。

 

『BURGER JOINT SIGON』ホーチミン

 

小さな店内の2階からの眺めはザ・サイゴン的な。

 

『BURGER JOINT SIGON』ホーチミン

 

定番ぽいチーズバーガー。

このハンバーガーが臭みがなく、とても美味しい。

また食べたくなる、安心のおいしさです。

 

で、タイトルのすごい切れ味なんですが

それはこのステーキナイフ。

 

大きなハンバーガーって食べにくいですよね。

とうぜんガブリと一口では無理なのでナイフで切り分けて食べるわけですが、

 

ものすごい切れ味なんです。

 

刃物フェチの私としてはずーっと切り刻んでいたいくらいの心地よさ。

ここまで切れるステーキナイフは初めてです。

 

さっそく検索したら出てきました。

『TRAMOMTINAトラモンティーナ』

100年以上の歴史があるブラジルのキッチンウエアブランドらしいです。

 

これだったらどんなに固いお肉でもスーッと切れそう。

 

是非このナイフの切れ味を試しに来店してみてはいかがでしょう。

もちろんハンバーガーもですが。

 

 

■BURGER JOINT SAIGON

136 Nguyen Thai Hoc Street Pham Ngu Lao Ward, District 1, 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

近所のバインミー屋について思うこと。

ホーチミンのバインミー屋

 

近所のバインミー屋さん、歩いて1分。

1分だけれど、初めて入りました。もともとバインミーをあまり食べないので。

 

ホーチミンのバインミー屋

 

ガラスケースの中はこんな感じ。

いわゆる、普通のバインミー屋さん。

 

ホーチミンのバインミー屋

 

屋台と違ってスペースが広いので肉の種類も多い。

この時は鳥の手羽元を注文。

 

ホーチミンのバインミー屋

 

まず、オーブントースターでパンをチン。

屋台にはないサービス。

 

ホーチミンのバインミー屋

 

そして手羽元を持って店の奥に入っていく。

 

ホーチミンのバインミー屋

 

で、店の奥にあるキッチンのフライパンに入れ炒めはじめました。

といっても炙る程度ですが。

 

それから写真のようにそれを小さく切り分けます。

 

ホーチミンのバインミー屋

 

その間にお店を物色。駄菓子屋も兼ねています。

 

ホーチミンのバインミー屋

 

ベトナムの駄菓子やおやつがずらり。

どれもそれなりに食べていますが、また食べたくなるのは2種類くらいかな。

 

ホーチミンのバインミー屋

 

外は猛暑。うだるような暑さ。

 

ホーチミンのバインミー屋

 

こんなこじゃれたパッケージに入れてくれました。お絞り付きです!

 

ホーチミンのバインミー屋

 

中身もたっぷり。

これで30,000d=¥150はお得。

 

それなりに美味しかったし、近所だし、サービスもいいし

たまに行ってもいいはずなんですが、行ってません。

 

理由は清潔感。

ちょっとなんとなく雰囲気が不潔というか、そんな感じなんです。

まだ屋台のおばちゃんが張り付いてハエを追っ払ってる方がましというか。

 

あの炎天下にガラスケースドンと置いて、お客さんが来たら出て来てって

ちょっとやっぱり心もとないというか。

キッチンも薄汚れた感じだったし。

 

食べ物屋さんですからね、清潔第一ですよね。

 

当り前のどうでもいい話しなんですけど、

ベトナムではたまに出くわします。

 

どうでもいい話なんですけどね。

 

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

シリア・レバノン料理『AL-SHAM』in ホーチミン

シリア・レバノン料理『AL-SHAM』

 

近所の散歩コースにある、シリア・レバノン料理『AL-SHAM』。

近いのでもう何度か行ってます。

1年くらい前にできたかな?

 

シリア・レバノン料理『AL-SHAM』

 

表の入口ではシシカバブやらパンを焼く、大きなオーブンがお出迎え。

 

シリア・レバノン料理『AL-SHAM』

 

まず、お通し。

ナスやキュウリ、ラディッシュのピクルスが山盛り。

 

シリア・レバノン料理って聞いても、どんな料理だかあまりピンとこないですよね。

あまり見かけないし。知らないし。

 

ですが実は私、本場のシリア料理を食べています。

 

もう20年以上前ですが、グラッフィックデザイナーを辞めて、

失業保険をもらっている時に行きました。

 

本当はそんな不届きなことダメですよね、時効ということでスミマセン。

 

2ヶ月間、トルコ・シリア・ヨルダン・エジプトと陸路で回りました。

ヨルダン―エジプト間は船でしたが。

 

若い女の一人旅ですから、向こうもまったく警戒心がないんでしょうね、

いろいろな縁でたくさんの民家で食事をいただきました。

 

どのお宅も大皿で盛大にもてなしてくださるんですが、ほとんど中身が同じ。

トマト、オリーブ、きゅうり、チーズ、ナン、鶏肉のイメージ。

それらを綺麗に大皿に盛り付けているんです。あと、豆のスープ。

 

じっくり回った私の中東の食事のイメージは、美味しいモノがない、です。

あ、鳥の丸焼と、シシカバブは美味しかったかな。

 

そんなイメージを持った私は恐る恐るですが、

近所だし、とりあえず1回入ってみるか、写真は美味しそうだし、って感じでした。

 

シリア・レバノン料理『AL-SHAM』

 

パセリ山盛りのサラダ。

この盛り付け方が意味不明ですが、レモンの酸味が効いてて美味しいです。

レモンが細切れになってそのまま入ってるし、栄養満点ですね。★★★★☆

 

シリア・レバノン料理『AL-SHAM』

 

シシカバブ。

もう見た目通りの美味しさ。ボリューム満点。★★★★★

 

シリア・レバノン料理『AL-SHAM』

 

チーズの入ったパン。

美味しい。見た目通り。★★★★★

 

この日は、お洒落な帽子『SHOKO』のボスとの女子2人だったので

食べきれずに一部持ち帰りました。

 

えー、シリアってこんなに美味しいものあったっけ?って感じです。

もちろんレストランにも行っていますが、こんな美味しいモノがあったんだったら

鳥の丸焼ばかり食べていなかったのに。

 

シリア・レバノン料理『AL-SHAM』

 

メニューは全て写真入り英語表記もあるので安心。

英語表記のそれ自体の意味がよくわからんのも多いけど。ARUGULA SALADって何?

 

シリア・レバノン料理『AL-SHAM』

 

持ち帰り用に鳥のケバブを注文。★★★★☆

何をたのんでも必ず酸っぱいヨーグルトと、ピクルスは付いてくる。

 

シリア・レバノン料理『AL-SHAM』

 

ちなみにナスのピクルスはこうやって唐辛子をたっぷり入れ込んで作ってました。

このピクルスは日本人にはなかなか手ごわい味。

 

シリア・レバノン料理『AL-SHAM』

 

あまい、ナッツのケーキみたいなの。

美味しいけど、ちょっと硬いかな。★★★☆☆

 

ひき肉のまんまるコロッケ。大きすぎてちょっと脂っこい。★☆☆☆☆

もっと小さく平べったくすればいいのに、日本のコロッケみたいに。

 

シリア・レバノン料理『AL-SHAM』

 

こんなパンフレットがあって、全てのメニューがネットで注文できます。

 

シリア・レバノン料理『AL-SHAM』

 

このパンの類はどれも美味しい。ハズレなし。★★★★★

豆のスープもスパイスが効いててとても美味しい。★★★★★

 

シリア・レバノン料理『AL-SHAM』

 

ナンの中にシシカバブが入ってます。★★★★☆

これを注文したらパセリサラダはいらないね。

 

この日は別のメンバーでしたが、やっぱりこの類の料理って好き嫌いがありますね。

この日は今一つの反応でした。

 

しょっちゅう食べたいとは思わないけどたまに、2カ月に1度くらいは食べてもいいかな

くらいの感じかな、私にとっては。

 

中東料理の不味いイメージはこれで払拭されました。

私が美味しいところに行ってなかったのかもしれません。

当時は『中東版地球の歩き方』さえ、しょぼいのしか出てなかった時代ですから。

 

今だったら検索して美味しいモノがたくさん出てくるでしょうね。

でもこの間の戦争で街自体が壊されてますから、食べることさえ大変でしょう。

 

難民もたくさん流出しているし、

世界中に散らばってベトナムにたどり着いたのかもしれません。

 

あの美しかったアレッポが、瓦礫の山となしているのを想像するのは

胸が締め付けられる思いです。

 

こうやって平和な地で美味しい料理をいただけるのは

本当にありがたいことですね。

 

美味しいモノを食べながら、いろいろなことが頭をよぎります。

 

 

 

■AL SHAM

300 vo van kiet dist1

te.:0084 98 459 7160

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

5つ星ホテル《ルネッサンス リバーサイド ホテル サイゴン》のランチブッフェ。

5つ星ホテル《ルネッサンス リバーサイド ホテル サイゴン》のランチブッフェ。

 

ルネッサンス リバーサイド ホテル サイゴンのランチビュッフェ風景。

閑散としています。

 

先月まで月曜・火曜は半額キャンペーンだったらしいので

その時はきっと混んでいたんでしょうね。

 

1時くらいに何かのインターナショナルな団体さんが20名ほどいた時以外は静かでした。

静かですいているお店が大好きな私としてはゆっくりできてよかったです。

 

5つ星ホテル《ルネッサンス リバーサイド ホテル サイゴン》のランチブッフェ。

 

さすがに5つ星ホテルだけあって内装もスタイリッシュです。

 

5つ星ホテル《ルネッサンス リバーサイド ホテル サイゴン》のランチブッフェ。

 

でも肝心の料理コーナーはちょっと狭いし種類が今一つ。

サラダばかりがやたら多いんですよ。

 

5つ星ホテル《ルネッサンス リバーサイド ホテル サイゴン》のランチブッフェ。

 

もう少しメイン料理の種類が欲しいところ。

 

5つ星ホテル《ルネッサンス リバーサイド ホテル サイゴン》のランチブッフェ。

 

でもさすがそれぞれが美味しいです。サービスもいいし。

 

海老・カニは豊富だけれど海老は市場で安くて新鮮なのを買っているので

あまりありがたみがないです。(byホーチミン在住)

 

 

カニも市場に売ってるけれどさすがに自分では調理しません。

このカニは美味しかったけど

1匹食べると食べるのが大変で2匹食べようとは思わないですね。

 

5つ星ホテル《ルネッサンス リバーサイド ホテル サイゴン》のランチブッフェ。

 

デザートコーナーはけっこう充実していました。

この瓶に入ったデザート、すごく美味しかったです。

 

さて気になるお値段ですが

最初のソーダとポットいっぱいの紅茶が付いて565,950d=¥2,860でした。

 

たまの贅沢にはいいですよね。ゆったりできるし。

 

おススメです。

 

■Riverside Hotel Saigon

 8-15 Đường Tôn Đức Thắng, Bến Nghé, Quận 1, Hồ Chí Minh

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

ホーチミンの洋食屋「ミルーア」閉店でゲット。

ホーチミンにある日本人オーナーのお店、洋食の『ミルーア』

 

ホーチミンにある日本人オーナーのお店、洋食の『ミルーア』が閉店となりました。

 

改装して8月にオープンということで楽しみにしていた矢先に

突然閉店ということで驚きました。

 

改装中に何かあったんでしょうか?

詳しいことは何も知りませんが まったく残念です。

 

私がここに住みはじめる前からあったお店ですからね、

在るというだけでなんとなく安心感というか、お馴染み感というか

ずーっとあるものだと思っていましたからね、寂しいの一言です。

 

あー、こんなことならもっと通っておくんだったなんて

後から思うんですよね、まったく。

 

でも閉店の前に一度行っておきたかったので

ランチで鯵フライをいただきました。

今更ですが、珈琲にデザートまで付いて120,000dはお得感たっぷりです。

 

ホーチミンにある日本人オーナーのお店、洋食の『ミルーア』

 

最後ということで食材も50%引きで販売していたのですが

調味料や魚介などほとんどのモノが売り切れていたのでスパゲッティのルーを3種類購入。

 

ホーチミンにある日本人オーナーのお店、洋食の『ミルーア』

 

1食分ということでしたが濃厚なのでこの量だとルーだけ余ってしまったので

残りは野菜と一緒にいただきました。

 

あー、それにしても寂しいです。

ダンス部の打ち上げは『ミルーア』が多かったですし。

 

海外生活って別れが付きものなんですよね。

ずーっといるもんだと思ってたら突然いなくなるケースもよくあるし。

 

そのうちまた落ち着いた頃に再開してくれないでしょうか。

 

お願いします。

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

このページの先頭へ