Page: 1/8   >>
◎石垣刺繍ってどんな刺繍?

石垣刺繍クラッチバッグ

 

石垣刺繍って、こんな刺繍。

先日HPにアップしました。

 

デザイン画を作っている段階で、石垣しか思い浮かびませんでした。

 

他に何か思いつきますか?

 

正確には野面積みの石垣です。

 

野面積み

野面積みは自然石をそのまま積み上げる手法。そのため石の大きさや形はバラバラで、隙間や出っ張りもたくさんある(隙間には小石を詰めて強度を高める)。
欠点はこうした隙間や出っ張りによって、敵が簡単に登れてしまうということで、いまでいうロッククライミングのような感じになっている。一方の利点としては排水性が高いということで、大雨が振っても隙間から水が抜けるので石垣が崩れることは少ない。

 

ま、説明はどうでもいっか。

要は、美しいかどうでかですからね。

 

美しいでしょうか?

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 16:20 | comments(0) | - |
◎大人の黒パンダどうでしょ?

パンダ刺繍

 

黒地に黒色、黒布のパッチワーク。

見えてますか?パンダ。

 

ちょっと前ですが、いつものメンバーでゴハンを食べていたところ、

パンダのリュックの話が出てきました。

 

「パンダの布の色は何があるの?」とviduのMさん。

 

「紺やグレーだけ、今は」と私。

 

「黒はないの?」とshokoのBさん。

 

「パンダって白黒だから、白っぽい色の生地でないとダメなんだよね」と私。

 

「そんなことないんじゃない?黒に黒パンダでもいいんじゃないの?」とshokoのBさん。

 

「それだと見えなくなるし」と私。

 

「それがいいんじゃない、大人ぽくって」とshokoのBさん。

 

なるほど、先入観念にとらわれていました。

パンダは白黒なんだと。

 

ということで、さっそく作ってみました。

 

実際にはこの写真より遥かに識別しにくい見え方ですが、

これが真っ黒なリュックに仕上がってきたら、また見え方が違ってくるでしょうね。

 

今回はナイロン地にコットン地パッチワークの組み合わせだけですが

水玉のパンダが欲しいとの声も上がりました。

 

大人のパンダを目指して試行錯誤していきたいと思います。

 

 

ちなみに今回の撮影で気付いた刺繍漏れ。

黒に黒だから見逃したか?

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 16:16 | comments(4) | - |
●調子に乗ってパンダ増加。

パンダの図案

 

パンダ、パンダ、ぱんだ。

 

リュックを作ったところ、リュック自体の評判も良かったんですが

中でもパンダの評判が特に良くて、

 

調子に乗ってたくさん作りました。

8パターンあります。

 

パンダの図案を作るのってメチャクチャ楽しいです。

作りながら癒されるという、なんとも不思議な作業なんです。

 

私の思う、可愛いパンダってリアルとキャラクターの間だったりします。

 

本物ぽくても絵にならないし、

キャラクター寄りだと子供っぽくなってしまうので。

 

そのあたりの加減が難しいところです。

 

パンダのデザインは他にも使っていますが、使えるバッグが限られてきます。

ギャザーやタックが入ってくると使い辛い。

 

その点、リュックはパンダを入れるのに最適な、

平面感と、サイズ感、比率感、カジュアルな雰囲気をもっています。

 

しかもリュックって、子供でも持てるんですよねー。

ちょっと動物図案を増やそうかとも思っています。

 

リクエストは今のうちに。

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 18:47 | comments(0) | - |
4色レース刺繍はこれで最後です。

しずくトートバッグ、4色レース刺繍

 

先日HPにアップした、しずくトートの4色レース刺繍。

 

このバッグはパンガンダランの中で一番お値段が高いんですが、

その中でもこの4色レース刺繍はさらにします。

 

つまり、パンガンダランの中で一番高いんですが、

予想外?の売れ行きでラストワンになってしまいました。

 

ラストワンはデニム地に銀糸を含む4色で刺されています。

銀糸って高いし刺しにくいので4色レースの中でも貴重なんです。

 

それに銀糸といってもデニム地に刺しているので

ギラギラした雰囲気ではない、華やかさがあります。

 

こういうキラキラするモノってホント写真に向いてないですね。

私の腕ではその辺の感じがお伝えしきれていません。

 

そうそう、youtubeで「Adobe CC 道場」を観ていたら

 

Raw現像の話が出てきて、Raw現像で撮った写真を

Photoshopで加工すると美しいということをやってたんですが

 

Raw現像ってメチャクチャ大きいですよね。そこまでしないといけないかなあ?

なんて思ってるところです。

 

私の場合は一眼でjpegで撮ってPhotoshopで加工してますが、

皆さんどうしてるんでしょ?

 

詳しい方は教えてください。まじで。(*^_^*)

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 20:48 | comments(0) | - |
復刻ティルタガンガ。

パンガンダランのペンケース用手刺繍

 

ペンケースと布の小さなバッグ用に刺した、手刺繍。

 

もしかしたら見たことのある人もいるかも。

この刺繍はティルタガンガの時に使ってたものです。

 

多くはアオザイに刺してたんですが、

バッグにも使ったし、トップスやパンツなどにも刺してました。

 

つまり、いろいろ使い回していたわけです。

というのも、どれも人気の刺繍だったので。

 

その使いまわした刺繍をパンガンダランでも使っちゃいます。

 

本当は新しいデザインをどんどん作りたいんですが

そんなにいいモノがポンポン浮かんでくるはずもなし、時間もかかるし。

 

ということでちょっとだけ使わせてもらいました。

 

ペンケースは次に作る時にまとめて作ります。

布の小さなバッグは思いっきりラブリーにしようかな。

 

手刺繍ファンの皆さん、もう少しお待ちください。

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 23:24 | comments(0) | - |
ユニセックス刺繍。

ユニセックスな線の刺繍

 

現在制作中のリュックに使う刺繍。

 

線が多いし、寒色だし、シンプルだし、と

男性の方にも使っていただけるようなデザインも作りました。

 

パンガンダランのバッグはボディーバッグ以外はほとんど

男性が持てるモノがありません。

 

ボディーバッグ以外は形が女性的なので

無地にしても男性にはちょっとキツイ。

 

でもリュックは老若男女持てますからね、

シンプルな刺繍だったら男性でもいけると思います。

 

もちろんカワイイ刺繍もたくさん作りました。

 

お楽しみに♪

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 19:16 | comments(0) | - |
パンチのなかった刺繍がバッグになりました。

ラブリーガーデン刺繍・ショルダーポーチ

 

パンチがなかった刺繍が可愛く仕上がってきました。

 

以前のブログでこの刺繍がちょっとパンチが足りなかったので

ペパーミント色を追加して修正した話を書きました。

 

ラブリーガーデン刺繍・ショルダーポーチ

 

↑これが最初のパンチのなかった刺繍。

生地の色と刺繍の色が似ていてぼやけています。

 

ラブリーガーデン刺繍・ショルダーポーチ

 

それを修正してくっきりさせたモノ。

 

それがショルダーポーチになって立派に仕上がってくれました。

 

なんだか愛おしいですねー、

できの悪かった子が成長して大人になったような気分でもあります。

 

そしていつか自分の元から巣立っていくんでしょうね。

 

本当は今日HPにアップしようと思ったんですが、

トルソーに持たせて撮った写真が見当たらず、見送りました。

 

コレだけ取り忘れていたようです。

近々撮ってアップする予定です。

 

お楽しみに。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 23:26 | comments(0) | - |
ビーズでごまかす刺繍?

レトロフラワー刺繍・ビーズ付き

 

クラッチバッグの刺繍。

 

茶色の生地にモスグリーンで刺された『レトロフラワー刺繍』。

写真では明るく見えますが、実物はじゃっかん地味。

 

そこでタイトルのごまかす、ではないですが

ビーズを散りばめて全体を華やかにさせます。

 

これはできあがったてきた刺繍が予想外に

地味だったり、暗かったり、曖昧だったたりする時に、たまにします。

 

ちょっと何個かビーズを付けるだけで

まったく表情が違ってくるんですから、作るのもとっても面白い。

 

前にも言いましたが、この純粋に手先を使う作業は

性に合っているのか、ものすごくのめり込みます。

 

放っておくとビーズで埋め尽くされそうなのを

ほどほどのところで止めています。

 

『キラキラ湖刺繍』ビーズ付き

 

こちらは新作の『キラキラ湖刺繍』。

 

こちらもちょっと色使いが地味だったので

湖面のキラキラをスパンコールで強調。

まさにキラキラになりました。

 

大きなバッグの時は面積が多くて付けるのが大変だったり

ビーズが引っ掛かったり取れたりするのを、気にしたりする人もいたりで

刺繍を重ねて乗り切ることが多いですが、小物は気にせずにビーズで乗り切ります。

 

キラキラした小物はカワイイですからね。

 

今日はしずくバッグができあがってくるので、

早く仕上げて職人さんに回さなければなりません。

 

急げ!

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 17:44 | comments(0) | - |
うさぎヴィトン刺繍は掲載不可となりました。

『うさぎモノグラム刺繍・ショルダーポーチ』

 

HPに掲載中の『うさぎヴィトン刺繍・ショルダーポーチ』です。

 

先日、あるハンドメイドサイトから

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

この度、ご利用中のギャラリー内に
利用規約に違反する作品の展示、販売を確認いたしましたので
該当作品を非表示とさせていただきました。

※第11条(作品の公開)2の各号に当たる恐れのある作品はご登 録いただけません。

商用利用を禁止されているキャラクター、ブ ランド、素材、デザインを無断で使用した作品は掲載することがで きません。
利用許可を得ている場合には、許可を得ていることを必ず対象作品 に明記してください。
また、権利侵害の恐れのある文言(ブランド名やキャラクター名) などを作品名や、
作品説明に記載すること、ならびに権利を侵害するような模造作品 のご登録も禁止しております。
何卒ご理解・ご了承いただきますよう、お願い申し上げます。

※「●●風」「●●イメージ」という表現は、権利侵害の恐れがご ざいますためお使いいただけません。

なお、引き続き複数の規約違反作品を確認した場合
やむを得ず、お客様のアカウントを一時的に停止させていただく場 合がございます。

恐れ入りますが、予めご了承の上
規約の順守にご協力くださいますようお願いいたします。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

という警告をいただきました。

 

そうか、ブランド名をつけるのはいかんよね、やっぱり。シャレでも。

 

ということで

ヴィトン刺繍をモノグラム刺繍と改めました。

 

モノグラムというのは

「2つの文字や書記素を組み合わせた記号」らしい。

 

この書記素というのは

「書記言語において意味上の区別を可能にする最小の図形単位をいう。高等言語における音素に相当する。字素(じそ)、文字素(もじそ)、図形素(ずけいそ)ともいう。文字のほか、数字などの記号、あるいはそれらを構成する基本的要素を指す」らしい。

 

ということはモノグラム刺繍であれば問題ないということですね。

 

ちょっと、クスって感じは無くなったけど、仕方がない。

意味するところはわかりますからね。

 

法令順守でいきます。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 13:35 | comments(2) | - |
刺繍職人フンさんが嫌がる刺繍は、みんな大好き。

レース刺繍

 

最近あまり作っていないレース刺繍。

 

この刺繍はハンドバッグ、クロワッサンバッグ、しずくトートバッグにしか使いません。

横長の形、しかも女性っぽいデザインの形でないとしっくりこないので。

 

今回、何年かぶりかでしずくトートを作ることになったので

このレース刺繍をたくさん注文しているところです。

 

でも今回はなかなか早く仕上がってきません。

以前から作り続けているデザインで慣れているはずなんですけどね。

 

職人フンさんに「cham qua~ 遅い〜」というと

刺繍が細かすぎて時間がかかる、と言います。

 

このレースの幾何学的な縁取りは横振りミシン刺繍職人さんにとっては

かなり根気のいる仕事です。

 

しかも、フンさんも歳をとってきたので近くが見えにくくなってきています。

老眼が入ってきたようです。

 

でもこの刺繍、みんな大好きなんです。

パンガンダランとしてはできるなら、もっとたくさん使いたい。

 

でも、フンさんが嫌がるし、遅いし。

 

いまから前もって言っておきますが

レース刺繍のしずくトートはちょっとお値段が張るかもしれません。

しかも少量しか作れません。

 

できあがりは来年の2月あたりになりそうです。

 

お目当ての方はHPをこまめに見てくださいね。

よろしくお願いいたします。

 

 

◎年末年始の営業は通常通りです。

日本への発送はできますが、日本の通関が休みなのでいつもより2,3日遅れるかもしれません。

ホーチミン店も通常通り水・土・日はオープンしていますので、ぜひご来店ください。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 18:16 | comments(0) | - |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Profile

ショップはこちら

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode