リニューアル
キャンペーン!

パンガンダランのホームページが新しくなったことを記念して
10月1日〜11月30日まで全品20%引きセールを行います。
さらに1万円以上お買い上げのお客様には、10%引きクーポンも発行しちゃいます。
この機会をお見逃しなく!

バッグ製作の日々

ベトナム・ホーチミンで刺繍バッグブランド『pangandaranパンガンダラン』を立ち上げました。

◎今現在、お店に小銭入れはこれだけあります。2019-09-03

 

こちらのトレーはパンダやクマ、猫なのどの動物系が並んでいます。

 

パンガンダランの小銭入れ

 

こちらはうさぎやリス、白鳥などの小動物やら、いろいろ。

 

いつもだいたい小銭入れは

この丸い大きなトレーに入れてディスプレイしてあります。

 

本当はもっと種類があるんですが乗りきらないので

ストックしてあります。

 

いきなりですが、『ジャムの法則』って知ってますか。

 

シーナ・アイエンガー(Sheena Iyengar)による実験によって示された法則。

選択肢が多いときは、少ないときよりも判断を下しづらくなるというもの。6種類のジャムを並べたテーブルと24種類のジャムを並べたテーブルの2つを用意したところ、どちらのテーブルでも試食をした人の人数は変わりませんでした。しかし、最終的にジャムを購入した人の割合を見ると、6種類揃えたテーブルの場合は30%、24種類のテーブルではなんと3%、と非常に大きな差が開いてしまった結果から導き出した。選択肢を少なくすることで、顧客のストレスを減らす販売戦略の根拠となっている。

 

ということで、パンガンダランでは『ジャムの法則』ムシムシ大作戦です。

 

なので、お客様はメチャクチャ迷います。

でも結局なにか選んで購入されるのですが。

 

たぶん、こんなわかりにくい店にわざわざ来たんだから

なにか一つでも買わないと気が済まないか、

 

店主が無言の圧力をかけているか。(;一_一)

 

そこはいつも申し訳ないなーと思っているんです。

お店なんだけど、なんだかどなたかのご自宅にお邪魔しているような感覚があると思うんです。

 

この立地がそうさせるんだと思います。

路面店なんだけど、ふらっと立ち寄れる雰囲気ではないんですよね。

 

しかも外国なのに日本人が接客してるし。

 

そのあたりはこちらもよく承知しているので

わざと奥に引っ込んで別の仕事をしてたりもするんですが、、、、。

 

なんだか自ら来店しにくくさせるような事言ってますね、私。(;一_一)

 

安いモノがあるといいんですよね、気楽に買える。

 

実は10月から7万ドンで買える小物を用意しています。

こちらもお楽しみに♪

 

出来たらご紹介します。

 

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

ショルダーポーチがだくさん入荷中!

刺繍バッグ・パンガンダランpangandaranショルダーポーチ

 

ずーっと欠品状態だったショルダーポーチが新たな刺繍を加えて

たくさん入荷してきました。

 

写真は黒系ばかりですが、茶系、青系など種類も豊富です。

全部で31種類あります。

 

HPにアップするのは仕事が立て込んでいてちょっと先になりますが

ホーチミン店には並んでいますので、豊富な種類があるうちにお早めにどうぞ。

 

 

お待ちしております。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

ガラスの花刺繍で見つけた、生きてるガラスの花。

ガラスの花刺繍

 

先日インスタグラムに載せた『ガラスの花刺繍』13夜ポーチ。

 

インスタグラムに載せた時はハッシュタグ#をつけた言葉に関しては

他にどんな写真がアップされているのかチェックします。

 

この時は#ガラスの花 でチェックしたところ

 

『サンカヨウ』

 

こんな写真が載ってました。

(スミマセン、完璧に使わせていただいてます。)

 

これ、ガラスじゃないんですよ。野に咲いてる花なんです。ホンモノ。

 

『サンカヨウ』という名前の高山植物で、雨にぬれると

こんなふうにガラスみたいになるんだそうです。

 

日本ではロート製薬のCMにも使われたそうなので

知っている人も多いんでしょうか?

 

それにしても美しー。すごいですよね、本物を見てみたいです。

 

どんな人工のガラスの花もこれには勝てないですね。

自然の美ってスゴイ。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

パンジーとクマ。

くまとパンジー刺繍・紋黄蝶

 

くまとパンジー。

 

インスタグラム用に撮ったんですがこのショットは使わなかったので

ブログでご紹介。

 

Instagram

 

それにしてもクマってカワイイものがよく似合う。

なんなんでしょうね、この対比。ほのぼの〜。

 

クマの周りに飾ったパンジーは本物なんですよ。

 

ホーチミン《アンナムグルメマーケット》のパンジー

 

輸入食材店《アンナムグルメマーケット》で買いました。

 

野菜コーナーに売られていたのを、これは撮影に使えるぞと思い即決で購入。

料理用だったら絶対に買わない食材なんですけどね。

 

クマの他にもネコやウサギやら

いくつかいろいろなアングルで撮ってみました。

すぐ枯れてしまいますからね、撮りだめしました。

 

これからちょこちょこアップしていきます。

 

花と一緒に撮るのってイイですね、華やかになるし、綺麗だし。

またちがう花も買ってみようかな。

 

ブーゲンビリアとか、その辺に咲いてるのをちょっと拝借するのもイイですね。

南国っぽい画面になるかな?

 

公園に行ったら葉っぱがいっぱい落ちてるし。タダだし。

 

いいかも。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

パンジーとパンダ。

パンジーとパンダ刺繍

 

パンジーとパンダ刺繍。

 

パンつながりだけで何の関係性もないんですが色合いがしっくりきたので

インスタグラム用に撮ったんですがお蔵入りに。

 

実際に使った写真はコチラ。

 

Instagram

 

パンダのいないヴァージョンを使いました。

でもせっかく撮ったので使いたくてブログでご披露。

どちらがいいですか?

 

インスタグラムも投稿200枚を超えました。

フォロワーは156人とまだまだですが、地道にやっていこうと思います。

 

フォローしてくれたらセールとかしたら増えるんでしょうか?

そのうちやろうかな?

 

なんてね。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

ホーチミンの夏にちょこっと清涼感を。

 

グリーンと小鳥のさえずり。

左下には通りすがりのお隣の黒猫。

 

ホーチミンに戻りました。暑いです。

室内の温度は34度。汗ダラダラです。

 

今日は一時帰国中にネットで注文が入った分を郵便局で発送し、

ネットが未払いで止められていたので支払いに行ってきました。

 

いつもおばちゃんが集金に来るのですが

あいにくの留守ですぐに止められてしまったようです。

 

いつもこの黒い金網の間から200,000d札を丸めて渡していました。

 

以前は電気・水道も集金に来ていましたが銀行振込ができるようになりました。

そのうちネットも振込になるかもしれませんね。

 

便利なような、寂しいような。

でも便利を優先してしまうかな、やっぱり。

 

なんだかとりとめのない話になりましたが

暑い中頑張りますので、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

今のところ、泪はほぼ100%バッグチャームに。

泪ブローチと泪バッグチャーム

 

泪ブローチと泪バッグチャーム。

 

泪の大きさを示したかったのですが、

このハンドバッグの大きさがわからないと今一つかめないか?

 

この泪ブローチとバッグチャームをお店で売り始めたんですが

お客様はほぼ100%バッグチャームを選びます。

 

ブローチにもチャームにもしていない状態で置いてるんですが、

リクエストはバッグチャームのみ。

 

そうですねー、形や大きさがチャームよりかも。

 

ブローチピンを縫いつけるより、

革のつまみを取り付ける方が簡単なので、パンガンダランとしては助かりますが。

 

私としては中にはブローチ派もいるんじゃないかと思って

革のつまみは取り付けずにいるんですけどね。

 

泪の頭のツンとした形を縫うのに苦労するので、そこを見せたいと言うのもあります。

革でつまんでしまうと、そこが見えなくなるので。

 

そんな事を思うのは縫った本人だけでしょうか?

 

チャームになるのは嬉しいんだけど、ちょっとさびしくもあり。

チャームにしようと思ってこの形にしたのに、、、。

 

複雑だ。(;一_一)

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

13夜ポーチの大きさを、写真加工アプリ『BeFunky』で。

13夜ポーチ

 

ちょっとおとなし目ではありますが

いつもの写真を写真加工アプリ『BeFunky』でいじってみました。

 

ちょっと雰囲気が出ました風です。

 

インスタ映えという言葉がはやりましたが、インスタグラムは写真を投稿するときに

既に写真加工フィルターが付いてますから加工が簡単にできます。

 

でもブログは他の加工アプリを立ち上げて使うしか方法がありません。

 

私は通常、ペイントで簡単にしてしまうのですが

文字を入れたい時などはフォトショップを使います。

 

今回は手軽に雰囲気を出せるアプリを探していて『BeFunky』に行きつきました。

無料で簡単に使えるので、何でもない写真をどうにかしたい時に使えそうです。

 

いろいろなパターンがあって、

月に$2.91でアップグレードするとさらにたくさん使えるのですが、

私の場合、ほんとにたまにしか使わないし無料ので十分楽しめています。

 

ボケ感を加え、グランジフレームで囲み、

スクラッチテクスチャーを被せただけです。

 

デジタルの時代ですよね、私がグラフィックデザイナーをしていた頃には

自分でこんな加工ができるなんて、夢のまた夢でしたもんね。

 

時代は進むよ〜どこまでも〜。

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

泪ブローチのお花が咲きました。

少しずつですが、泪ブローチとバッグチャームが出来上がってきました。

出来上がってきました、っていっても自分で縫っているんですけどね、これは。

 

20種類ぐらいできたかなあ?

まだまだ作らないといけないんですが、とりあえずここで縫うのはいったん中止。

これを塗ってるうちに、他の仕事が滞ってきたので。

 

ブローチは後ろにブローチピンを縫いつけました。

バッグチャームは、泪の先を革でつまんであるのでチェーンを取り付けられます。

 


どっちがいいでしょうか?

 

同じ柄が何個かあるのですがブローチか、チャームか割合に悩みます。

 

全部チャームにしておいて、ブローチピンを付属で付けるとかも考えましたが、

ブローチは先が見えていた方がかわいいし。

 

ブローチを最初に付けておいてチャームにしたい人にはその場で取り付けるとか。

ちょっと時間がかかるけど。

 

これは売りながら考えます。

そのうち比率が決まってくるでしょう。

 

お店に並んでいますのでご覧ください。

 

あ、すみません。今月いっぱいはテトセールですが

さすがに自分で縫ったこの新しい商品はセールができません。

 

セール除外品でお願いします。(*^_^*)

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

13夜ポーチ入荷中。

13夜ポーチ・パンダ刺繍

13夜ポーチ。

 

ようやく13夜ポーチが徐々にできてきました。

それにしてもできるまでが長い。とりかかってから1年くらい経つかなぁ。

 

以前の半月ポーチよりちょこっと大きくて

大きなスマホも入ってしまう便利さ。

 

それになんといってもこの形が予想以上にカワイイ。

名前もイイ。13夜ポーチ。

 

ああ、自画自賛。(*^_^*)

 

しかも、ココポイントですが、刺繍まで大きくなったのに

お値段は半月ポーチと変わらず。

 

イイでしょ。

 

秘密は裏側の布のキルティングをやめて合皮にしたから。

キルティングは中綿を入れてわざわざ作っていましたから、手間がかかるかかる。

 

合皮だとそれだけで強度があるのでキルティングにする手間が省けます。

これって作ってる人にしかわからないかも。違いの大きさが。

 

刺繍のお値段を裏布でカバーしたってわけです。

 

布好きさんには申し訳ないけれど、半月ポーチとまたちょっと違っていいですよ。

お店に並んでますからお確かめを。

 

お待ちしております。

 

 

●HPはまだなおっていません。が、お買い物はできます。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

このページの先頭へ