Page: 1/217   >>
質問にお答えします「なぜベトナムなんですか?」

 

なぜベトナムなんですか?

 

なぜなら刺繍があったから。

 

刺繍といえば手刺繍からコンピューターまでいろいろありますが

ここベトナムには全てあるといってもいいでしょう。

 

しかも安くて小ロット可。

 

この小ロットというところがミソです。

中国などでもオーダーできると思いますが

ここまでの小ロットは難しいのではないでしょうか。

 

ベトナムはフランスの植民地だったこともあり刺繍人口がとても多いんです。

今でもお店の売り子さんたちが休憩時間に刺しているのを目にします。

 

そしてベトナムといえばいろいろ浮かんできますが

刺繍バッグもその一つに数えられます。縫製も安くて小ロット可。

 

東京で営んでいたアオザイ屋を閉めるにあたり

次は何をしようかと思案した結論が刺繍バッグでした。

 

元々グラフィックデザイナーでしたから、それを生かせるであろうと考えて。

 

また、他にないものを作りたいと思ったので

革バッグの職人さんのもとで基礎から学びました。

前半は働きながらということもあり、

イメージしたものが作れるようになるまで4年弱かかかってしまいました。

 

そうしてその間に作ったパターンとサンプルを持って渡越したのが7年前です。

 

予定通りに刺繍バッグは順調に作れています。

刺繍品番55まできました。(小物は品番に入れていません)

 

パンガンダランとしては手刺繍の商品が売れにくいというのが悩みですね。

手刺繍は時間がかかるので値段が高いのですが

その良さをわかる人でないと買ってくれません。

 

手刺繍と機械刺繍の違いさえ分からない人が大半ですからね。

作る側と買う側のギャップをいつも感じています。

 

これからの展望としては、

まあ、いつものことなんですがバリエーションを増やしたいですね。

 

これもいつも言ってますが中間の商品がないんです。高いか安いかなので。

中間の1万円以下の商品をミシン刺繍で作りたいですね。

 

以上、なぜベトナムなんですか?にお答えしました。

これで質問に答えられてます?

ちょっとそれたか。

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

インスタグラムはじめました

Instagram

| 鈴木とら | 20:54 | comments(0) | - |
ベトナムの酸っぱいスープ『カインチュアcanh chua』を作ってみた。

ベトナムの酸っぱいスープ『カインチュアcanh chua』

 

↑ スーパーに売ってる

ベトナムの酸っぱいスープ『カインチュアcanh chua』のセット。

 

実はいままで見てはいたんだろうけど買おうとも思わなかった食材。

なぜかこの日は目に入ってきたんです。

 

17,900d=¥82

どうやらお店の人がトレーにそれぞれの野菜を盛り込んでいるようです。

 

ベトナムの酸っぱいスープ『カインチュアcanh chua』

 

↑手前のパックはタマリンド。1回では使いきれません。

左からハスイモの茎、パイナップル、オクラ、トマト、ノコギリコリアンダー、リモノフィラ、もやし。

これにニョックマム(魚醤)砂糖で味付けします。

 

1〜2人前あります。コンパクトでいいですね。

市場で買うとついつい5人前くらいになってしまいますからね。

 

本当はここに魚やエビ、貝などの魚介が入るといいのですが

買い忘れたので和風かつおだしで代用しました。(;一_一)

 

この料理は基本的にスープなのでどんどんぶっこんで煮ればよし、

ということで15分で出来上がり。

 

ベトナムの酸っぱいスープ『カインチュアcanh chua』

 

↑魚が入っていないのでちょっと心配ですがけっこう美味しかったです。

タマリンドを入れすぎて茶色くなってますね。

でもタマリンド大好きなので酸っぱくて美味しかったです。甘さも控えめだし。

 

ハスイモの茎は初めて使いましたが、スポンジみたいでスープにピッタリの食材ですね。

どんどん使ってみようと思います。

 

これに魚介が入ったらサイコーに美味しいでしょうね。

次回リベンジします!

 

ベトナム生活も7年目ですがまだまだ知らないものばかりです。

けっこうベトナム社会はストレスがたまるのですが

こうしてベトナムのいいところや、モノを知るとちょっと緩和されますよね。

 

積極的に知るように心がけていこうと思います。

ストレス解消に。

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

インスタグラムはじめました

Instagram

| 鈴木とら | 23:43 | comments(0) | - |
質問にお答えします。パンガンダランの名前の由来はなんですか?

 

↑パンガンダランです。

ホーチミンではありません。インドネシアのジャワ島にある漁村です。

 

『質問にお答えします』カテゴリーを追加しました。

今までお客様から頂いた様々な質問に答えていこうとます。

 

まずはブランド名『パンガンダラン』の由来です。

 

パンガンダラン、覚えにくいですよね。

以前にも書きましたが1回で覚えられる人は3%くらいでしょうか。

 

パンダンガラン、パンダンダランなどと間違えて覚えている人も多いです。

自分では簡単な名前だと思って付けたので意外でした。

 

ちょっぴりしまったなと思っています。ちょっぴりですが。

 

日本でアオザイ屋をしてた時の屋号はティルタガンガでした。

これもインドネシアのバリ島の名前。

 

よほどインドネシアが好きですね、私。

 

この2つの地名は会社を辞めて1年間アジアを放浪していた時に

気に入って居ついていた場所なんです。

 

ティルタガンガでは丘の上にあるバンガロー『クスマジャヤ』に

パンガンダランでは『モリス』ホテルに滞在していました。

 

期間のないバッグパッカーでしたから、

気に行ったところにはどれだけでも(ビザの範囲で)いていいんです。

私の場合は結局1年でしたが、3年、5年日本に帰っていない人たちにもよく出会いました。

 

その中でパンガンダランは何が良かったって、シーフードです。

漁村なので安くて美味しいレストランがあって、毎日そこで海老やら貝やらを食すわけです。

 

昼間は貸し自転車で村をぶらぶらしたり、海でボディボードをしたり、本を読んだり

なんともぜいたくな毎日を送っていました。

 

いやー、ホントに楽しかったです。

出来るならもう一度したいです、バッグパッカー。

 

そんな楽しかった思い出を勝手にこめてつけちゃったわけです。

 

インドネシアとは全く関係ないものを作っているので

インドネシアのパンガンダランを検索した人には紛らわしいご迷惑をおかけしておりますが

私が今こうして独立して仕事ができているのも

バッグパーカー時代がなければありえませんでしたからね。

そんなことも含めて決めました。

 

2006年のジャワ島南西沖地震で被害を受けたようですが

現在では復興して賑わっているようです。

 

もう20年も前のことですからずいぶん風景も変わっていることでしょうね。

でももう一度行ってみたい気がします。

 

行ったらあまりの変わりようにがっかりするかもしれませんね。

いえ、きっとがっかりするような気がします。

 

でも行ってみたいですね、いつか。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

インスタグラムはじめました

Instagram

| 鈴木とら | 03:57 | comments(0) | - |
バックパッカー街のタイ料理やさん。

ブイビエン通りにあるタイ料理や

 

↑サイゴンのバックパッカー街 Bui vienブイビエン通りにあるお店。

 

1人ではめったにこの通りでは食べませんが

この日は閉店間近の『vidu』に行ったら閉まっていたので

しかたなくどこかで食べようと思い、隣のランドリー屋さんに来たついでに入りました。

 

スタッフの男の子が感じよくて、

つい、つられて入ってしまったというのが正解かも。

 

このお店の場所ですが、ランドリー屋さんに来るたびに

工事中か、新しいお店になっているような印象を受けます。

 

そう、2.3か月ごとに変わってるんじゃない?くらいの感じ。

 

ブイビエン通りにあるタイ料理や

 

↑注文したオレンジ風味のから揚げ99,000d=¥445

スイカジュース49,000d=¥220

 

どこがタイ風なのかはわかりませんが美味しかったです。

衣がサクサクでオレンジも効いてます。

 

でもいつも言ってるかもしれないけど、飽きる。

 

バックパッカーって一人で食べに来る人も多いんだから

せめてサラダつけるとか、スープ付けるとかしてほしいとこなんだけど。

 

願わくばハーフハーフでおかずを選びたい。

作る側としてはしちめんどくさいだろうけど、、、、。

 

そうなると1人の時はやっぱりローカルの指差し食堂に行ってしまうんですよね。

数種類のおかずが少しずつ食べられて、1人にはうってつけなので。

しかも安い。40,000dで肉も、魚も食べられます。

 

お隣のテーブルに欧米人の男の人がいたんですが

食べ終わるとバイクに乗って帰って行きました。住んでいるんですね。

 

うーん、欧米人てローカル食堂に1人で入るのって勇気がいるんでしょうね。

あまり見かけませんもんね。

目立たない、欧米人の多いバックパッカー街で食べてるのかなー、

なんて思いを巡らせてしまいました。

 

私も食べ終えてバイクで帰りました。

お客さんのいない店先で、またあの感じのいい子がポツンと一人。

 

まだ開店して間もないこのタイ料理屋さん。

いつまで続くかなー。

 

■THAI KITCHEN

185 Bui Vien St., Pham Ngu Lao Ward, Dist.1

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

インスタグラムはじめました

Instagram

| 鈴木とら | 20:11 | comments(2) | - |
ホイアンでパンガンダランの小銭入れが買えます。

 

↑今日、ハノイに向けて発送した商品。

 

これはハノイのお土産屋さん『アジサイ』さんお買い上げの商品なのですが

一部の小物がヴェトナム中部の観光地ホイアンで販売されます。

 

『アジサイ』さんは元々IT会社なんですが

3年前からギフトショップを手掛けられています。

 

最初はハノイのメインストリートであるNha Thoニャーチョー通り

にお店を構えていたのですが

シェラトンホテル内にも2号店を出しています。

 

その後ギフトショップを手放す形で、日本人のHさんが引き継いで独立し、

なんとハノイのイオンの中でうどん屋さんを開いたそうです。

 

そしてまたこの度、ホイアンにも

レストラン兼ギフトショップをオープンする予定だそうです。

さらにその次は、ハノイのロッテホテル内にもう一つ開くそうです。

 

なんだかすごいですよねー、

うどん屋さんだってやったことないのにやっちゃうんですもんね。

大慌てで開いたのに、けっこう賑わってるらしいです。

掘り下げるタイプの私には想像もつかない展開ですよ。

 

これで出店は終わりだと本人は言っていましたが

この勢いは止まるのでしょうか?

 

そんなことでパンガンダランの小物がその中のホイアン店に並ぶこととなりました。

ホイアンの駐在の皆さま、これから観光に行かれる旅行者の方々、

ぜひ、ホイアン『アジサイ』店をのぞいてみてください。

 

ちなみにパンガンダランの小銭入れや半月ポーチは

インスタグラムで毎日物語形式でアップしてますのでご覧になってください。

 

今日は主人公のわたる君の森のお友だちムササビさんが登場しました。

ムササビさん、結構人気があるみたいでイイねがたくさんつきました。

明日の話はまだ決めていません。

 

お楽しみに。へへ。

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

インスタグラムはじめました

Instagram

| 鈴木とら | 20:41 | comments(0) | - |
▲ top page

Search

ショップはこちら

Profile

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>

Category

Entry

Comment

  • バックパッカー街のタイ料理やさん。
    とら (08/21)
  • バックパッカー街のタイ料理やさん。
    シュシュ (08/21)
  • お洒落な『SHOKOショウコ』の帽子が『pangandaranパンガンダラン』で買えます。
    とら (08/09)
  • お洒落な『SHOKOショウコ』の帽子が『pangandaranパンガンダラン』で買えます。
    ベトナムの旅人 (08/08)
  • お洒落な『SHOKOショウコ』の帽子が『pangandaranパンガンダラン』で買えます。
    HANH (08/03)
  • パッションフルーツだけで食べてるオバちゃん。
    とら (07/31)
  • パッションフルーツだけで食べてるオバちゃん。
    HANH (07/30)
  • パッションフルーツだけで食べてるオバちゃん。
    とら (07/30)
  • 『Le Banh mi 』cafeでバインミー食べました。
    とら (07/30)
  • パッションフルーツだけで食べてるオバちゃん。
    ベトナムの旅人 (07/29)

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode