Page: 1/240   >>
多分ベトナムにはないから日本から運ばないといけないだろうなと思っていたら、ありました。

チョロンの問屋

 

↑探していたのはペンケースをピッタリ入れられる、ビニール袋。

ピッタリなのがありました。けっこうサイズがそろっていたので感心しました。

 

チョロンの問屋

 

↑このチョロン(5区にある中華街)の問屋街で購入。

 

チョロンの問屋

 

↑道沿いにズラ〜っと同じようなお店が並んでいて、同じようなものを売っています。

値段もほぼ同じ。

 

バイクに乗ったまま注文している人も多し。

 

チョロンの問屋

 

↑お店の中はビニール関係の商品が所狭しと積んであります。通路が狭い。

やっぱり天井からもぶら下がっているところが、ザ・ベトナム。

 

チョロンの問屋

 

↑このお姉さんがテキパキと接客してくれました。娘さんかな?

ほとんどのお店は家族経営ですからね。

 

袋は全てキロ単位で買いますから普通の人だと使いきれないかも。

パンガンダランとしては嬉しい量ですが。

 

これでプレゼント包装にした時にキチンと感が出てキレイに見えます。

助かりました。

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 23:59 | comments(0) | - |
ついでなので、水道の話を続けます。

前回で、何が起こったかのあらましは理解していただけたでしょうか?

今日は工事を順を追ってお話します、

 

 

↑お店の前の道に水道のメーターを埋め込むために穴を開け始めました。

 

 

↑どにかく掘る掘る。

緑のシャベルはパンガンダラン提供。おじさん、手を使って掘ってたので。

 

 

↑この時点で水道管にメーターBOXの管を取り付け終ってます。

 

青いのが元々の水道管で手前の黒い箱がメーターBOX。

開閉してメーターを読めるようになってます。でも結局ちゃんと閉まらなくてパカパカだけど。(;一_一)

 

 

↑こうして水道管を床下に埋めずに通します。

 

 

↑メーターBOXからパイプが伸びて店の中に続きます。

 

 

↑表の壁の穴からこうやって店内に水道管が伸びます。

 

 

↑お店の床の上を水道管が通る。

この時点でパイプが足りず、ワーカー君1人が買い出しに。

 

 

↑お店とキッチンの境の狭い壁に穴を開けてパイプを通す。

 

 

↑キッチン側から見たところ。

 

 

↑とび出た柱をよけて冷蔵庫の裏へパイプが伸びる。

 

 

↑最後はキッチンの壁から外にある元々の水道管につなげることに。

案の定、タイルがきたなく割れました。

 

いいよいいよ、繋がれば。精巧さなど君たちには求めてないから。

 

こうして、長さにして20m弱の水道管が床の上を通り、

無事、水が蛇口から出ました!

 

やれやれ。

 

とりあえず、この日は水が出たということで陽も傾いていたので終了。

穴をセメントで補修するのは明日ということになりました。

 

上の写真は全て補修後のモノです。

その日は壁に穴が開いたまま終わりました。

 

そして次の日のランチは美味しいカレーの『VIDU Q2』でお食事会、

の話は以前しました、よね。

 

4時にワーカーが来るということで家で待っていたんですが、6時になっても来ません。

ったく。

 

このままにはしておけないので、役所のおっさんは多分この地域の管理だからと推測し、

近所をダメもとで探してみることにしました。

 

いました。近所に、案の定。

 

まだワーカーたちが来ないんだと言うと

なんだかんだとベトナム語で言い訳している様子。

昨日の工事でお金をちゃんとワーカーに支払ったのか?とぬかすので

法外な値段を支払ったと言ってやった。(実際に払いすぎた)

 

まったく何なんだこいつら。

 

これもまた埒が明かないので、今度はいつも買い物しているオーガニックのお店から

英語のできる店員さんを捕まえてきて通訳をお願い。

 

そこで何とかやり取りし、ワーカーに連絡してもらい

次の日の1時に来るということで約束を取り付けました。

 

疲れる。

役所のおっさんも言葉が通じないとめんどくさがって、聞こうという態度がみられないんだな、ったく。

 

こうしてどうにか事は進んで、次の日まで待つことに。

でも既に水は来ているので穴をセメントでふさぐのはもういつでもいいや、

もし来なければセメント塗りくらい自分でやるよ、くらいの気持ちになっていました。

 

そして次の日1時には(もうすでにここまで読んだ人はわかると思いますが)

もちろんワーカーは来ませんでしたが、2時にはきました。意外と早い。(;一_一)

 

 

↑ところがワーカーの持ってきたセメントの量と言ったらバケツにほんの少し。

とてもじゃないけど全部塗れる量じゃない。

 

どこまで行っても、いいかげんな適当仕事。もう日常茶飯事。

 

幸い、パンガンダランはこんなこともあろうかと、セメントの粉を備蓄しているのですよ。

途中で帰ろうとしたワーカーにそれを見せると、じゃあと言うことで

近所の現場の砂を貰ってきて混ぜて、練って、ようやく再開と。

 

もー、何もかもがすんなりいかない。

 

 

こうしてようやく、水道工事は終わりました。

 

この後、心労からか久々に風邪をひきました。

幸い軽い症状ですみましたが、そうとう神経を使ったのだと思います。(;一_一)

 

 

疲れた。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 20:36 | comments(0) | - |
思い出すのも嫌でようやくブログにアップ。

今日は『水道』の話です。

 

まったく関係ない人も多いでしょうし、興味のない人もほとんどだと思うので

パーっと素早く行きたいとは思ってはいるのですが、

 

多くの人が途中で挫折すると思います。予め言っときます。

 

簡単に言うと、(これでも相当はしょっている)最近断水が多くて困っていたんですが

その日は前日の夕方から断水で、次の日の昼になっても水が出なかったんです。

 

しびれを切らしてお隣に聞いてみおると、お隣は断水ではないらしい。

 

なんでなんでだ?といろいろ聞いてみると

水道のメーターを付け替える工事をしないといけないのが

この家は届け出をしていなかったために、突然水を止められてしまったらしい。

 

これは一大事と言うことで

近所で英語のできるお姉さんに無理矢理通訳をお願いし

お役所にアチコチ電話を掛けてもらって

どうにか次の日に工事ができることになったのだけれど

 

次の日、工事のワーカーたちが来てみたら、 (8時に来ると言ったのに午後2時に来た)

今度は水道管を裏の家の敷地内から通さないといけなくなったが

その家はずーっと留守で連絡がとれず、では連絡がとれるまで工事中止と。

 

中止って言われても、おとといから水が来てないんですけど!

 

もうこれはまたまた一大事なので

今度は近所の大学生寮の入口にいた、見知らぬ女学生を捕まえて無理矢理通訳してもらい

この家の玄関前から家の中にパイプを通して水回りに繋げればOKと言うことに。

 

でもそれって、お店の床を掘って水道管を埋めるってこと?

そんな大変なことできるわけないでしょ〜!

 

って言ったら一緒に来たお役所のおっさんが

それだったら今日は工事ができないからと言って、なんとワーカーを返してしまった。

 

なななな、何てことだ。いったい何時になったら水を通してもらえるんだ?

 

なんだか全く合点がいかず、

通訳の女子学生にゆっくり、よ〜く問いただしてみたら

 

実は床を掘るのではなく、掘らずに床の上にパイプを通すと役所のおっさんは言ってたらしい。

それを私が掘って埋めてほしいと勘違いしたらしくて、

それじゃあ、日を追ってと言うことになったもよう。

 

いきなり『Can you speek English ?』で捕まえた学生に

ちゃんと通訳しろと言うのも無茶な話で、話をこじらせてしまったわけです。

 

で、運よく役所のおっさんが近くにまだいたので事情を説明したら

だったら今日やるよと言うことで、

どこかへ帰ってしまっていたワーカー君を呼び寄せてくれたという次第。

 

みなさん、ついてこれましたか?

 

 

こうしてようやく作業開始となりました。

 

書いてる私が嫌々思い出しながらで疲れてきたので、

工事のもようは今度にします。

 

疲れた。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 20:15 | comments(0) | - |
9月号のベトナム情報誌『ビナBoo』はメンズ・ボディーバッグで。

メンズ・ボディーバッグ

 

時が経つのは早いですね、8月になったかと思ったら

もうベトナムの情報誌『vina boo』の9月号の締め切りがきてしまいました。

 

9月号はメンズ・ボディーバッグです。

ようやく入荷してきました。長かった〜。

 

バッグはローテーションで型違いの順番に作っていくのですが

今回は全て刺繍なしのボディーバッグの回となりました。

 

なぜかというと、刺繍職人のフンさんの仕事が遅くて待ってられなかったので

待つ間に刺繍なしのバッグを挟むことにしたから。

 

でも革職人のナムさんに出してからが、何があったのか知らないけれど長かった。

予定より1カ月は長かった。

 

つくづく思うのですがここベトナムで締め切りのある仕事をしている方々は

相当管理されているか、ストレスに強いのか。

 

私にはとうてい無理だと思っているので、

メーカーにもかかわらず今のような、あるモノを売るスタイルになっています。

 

私1人では管理しきれませんから。

 

もちろん職人さんには早くしてくれとは言いますが、遅すぎない限りは何も言いません。

職人さんのペースでやってもらっています。

 

その分、長く関係が続けられていると思う部分もあります。

 

何れにしても慌ただしいのが好きではないんです。

今のスタイルが続けられるうちは、これでいきたいと思います。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 21:36 | comments(0) | - |
ベトナムの国民采『空芯采』の水栽培。

日本ではあまり見かけませんが、

ここベトナムではどんな小さなスーパーでも置いてあり、

ほとんどのレストランのメニューにもあると思う、国民采の空芯采。

 

この空芯采は束にして輪ゴムで縛って売ってる時もあるのですが

ある時ふと思いついて、

切った後の根元の硬い部分をそのまま水につけて栽培してみたんです。

 

ベトナムの国民采『空芯采』の水栽培。

 

↑そしたら小さな芽が出てきました。さすが南国。

小さいですが、立派に空芯采の葉っぱの形です。

 

この後おもしろくなって

空芯采を買った時はいつもこうやって栽培してみました。

 

そしたらモノによって、芽が出るものと出ないものがあり、

成長もほとんどこのくらいで止まってしまいます。土に植え替えたら伸びるかもしれませんが。

 

食べられるくらいにはならないのですが、

こうして一時楽しむには使えます。

 

冷ややっこに載せたりするくらいには伸びるかな。

お試しあれ。

 

ベトナムの国民采『空芯采』の水栽培。

 

 

 

 

↓ポチっと押して応援お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
↓こちらは刺繍です。

 

Instagram

| 鈴木とら | 20:26 | comments(0) | - |
▲ top page

Search

ショップはこちら

Profile

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Category

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode